94

子供のことを思って子供を作る親はいないという悲しい事実・・・・・・

no title

1: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:19:00.25 ID:AvD4dr6O0
全部自分のためや

2: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:19:17.68 ID:v4+NHnO20
気持ちいいからね

3: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:19:20.33 ID:DrfPDYhN0
利己的な遺伝子やぞ

4: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:19:53.64 ID:A+Xlxlbqa
まぁ全部は言いすぎやが半分くらいは世間体のためやろな

5: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:21:17.88 ID:AvD4dr6O0
せめて子供作るのに免許制とかに出来ないんかね

7: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:22:42.12 ID:DPIut3Bu0
まだ生まれてもない奴のことを思えるかよ

12: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:23:48.34 ID:AvD4dr6O0
>>7
でも考えるべきだよね

8: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:22:56.75 ID:AKCDVltQM
中田しセクロスをしたい欲望を叶えただけや

9: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:23:05.05 ID:ba//o40e0
100%親のエゴやぞ

11: 大橋 ◆CAEU.QT/o6 2018/05/24(木) 18:23:47.70 ID:C9zEsDXNa
そもそも子供のためにってなんやねん

19: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:24:49.75 ID:AvD4dr6O0
>>11
例えば子供のために子供は作らない人はいても子供のために子供作る人はおらんやろ?説明下手でごめんな

13: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:23:57.80 ID:inUhQtV3a
作るときは考えてないが
生まれてからは子供のことをずっと思っているぞ

14: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:24:11.00 ID:G7ufn63h0
子供のためにはこんな酷い世界に産むべきじゃない

24: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:26:14.62 ID:ba//o40e0
>>14
小梨の有能な人間は子供の為を思って作らないんだろうな
イチローも安倍もそうやろ

16: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:24:24.36 ID:J9bXcGxa0
子供の事考えて結局作らないで終わったわ

17: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:24:29.38 ID:/RAzrVIG0
産まれてもなんとかなるやろの精神あるよな

18: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:24:46.59 ID:Vij6zqRv0
本能に従っただけのくせに、子どもが親を選んで生まれてくるとかいうガイジ理論で自己正当化するのほんときらい

23: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:25:52.37 ID:fBgNKYBid
歌詞みたい

32: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:29:56.69 ID:AKCDVltQM
ワイはガイジやから一生作らんで

28: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:27:46.31 ID:aHr52mGX0
出来ない作れない理由を社会のせいにしてるだけやん

31: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:29:21.69 ID:AvD4dr6O0
>>28
君みたいな人の気持ちがわかんない人が子供作るから苦しむ子供が減らないんや

56: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:40:25.85 ID:UaeY6h8Tp
>>28
じゃあ聞くけど貧乏人や病人や無職が子供産むのも素晴らしいことかよ

30: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:28:45.74 ID:AGhDOlPwd
本能やぞ

33: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:30:21.23 ID:AvD4dr6O0
>>30
本能なら1人の人間に過酷な運命背負わせてええんか?

36: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:33:22.87 ID:THeK/dVup
syamu「自分の身は自分で守れるはずです」

37: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:33:43.43 ID:ba//o40e0
わいの母親みたいに3人姉妹だと先に結婚したほうが勝ち、子供産んだら勝ち、子供多いほうが勝ちという醜いマウント人生やから
こういう人間多いやろ

40: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:34:35.53 ID:AvD4dr6O0
>>37
なんで子供をステータスや道具と考えれるんやろなぁ

42: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:34:57.66 ID:UrCFgKy80
>>37
なるほどそういう事か
ワイの母親も3人姉妹やが、全員既婚子持ちや

49: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:37:44.94 ID:VGwzyP3qa
後付けじゃいかんのか?

50: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:38:04.56 ID:AvD4dr6O0
生を与えることは死を与えることと同義なんや……

51: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:38:33.05 ID:TXYAB5S20
腐敗した世界に堕としたろの精神やぞ

52: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:38:59.95 ID:fNBynpkS0
生を崇拝してるからなあ
子作り否定したら精神崩壊するやろ

58: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:41:09.45 ID:epQeCLz+d
高嶋ちさ子、次男の「なんで最後は死ぬのに産んだの?」に絶句

ほんこれ
この次男は有能

66: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:43:43.00 ID:SV4uR0ig0
どちらかと言えば低所得や頭悪い奴の方が特に考えずぽこぽこ産んでるような

64: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:43:35.01 ID:qidobj/j0
うんこするのと同じ感覚なんやろ

67: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:43:48.54 ID:xNMKpnCC0
本当に子供のこと思ってるなら、生まれた瞬間借金背負わさせる国で産まないよね?

69: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:44:47.31 ID:Vij6zqRv0
>>67
未来はどうなるかわからない(丸投げ)

ガチでこれ言うからな

75: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:47:10.40 ID:AvD4dr6O0
>>69
どうなるか分からないのに産むのか…

70: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:45:06.77 ID:ZS3e1W0H0
ワイは親がギャンブルもタバコも吸うから大学行けんかった
一生怨むで
親の葬式にも墓参りにも実家にも帰ったらん

72: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:46:24.01 ID:AvD4dr6O0
>>70
なんとも言えんなぁ頑張れも負けるなも無責任や

76: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:47:24.04 ID:5P4Pxv920
子供なんて親が幸せになるためのツールで十分なんじゃ
そうじゃなかったら子供作る意味がなくなるわ

62: 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 18:42:34.07 ID:GXApzS130
冷静に考えて
自分と嫁の一存でひとりの人間の80~90年近い人生をこの世に作り出すなんて正気の沙汰じゃない
責任が重すぎる

元スレ:http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527153540/

posted by mind at 21:00Comment(94)人生とは

おすすめ記事紹介

注目記事紹介

関連する記事

この記事へのコメント

  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:08

    子供が一生働かないでも暮らせる資産ある家庭だけ子作り許可しろ
    なんで労働なんかしなくちゃいけないんやクソが
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:17

    厨ニ病を拗らせたバカばっかw
    親のせいでー社会がー政治がーって一生いってろw
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:17

    >>5
    ほーんとこれ
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:21

    子供の前に嫁の前に仕事見つけろよ
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:23

    平日18時の書き込みかぁ・・・(察し)
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:26

    貧乏なのに子供作る奴はどの国行ってもゲェジ
    子供が稼いでくると思い込むなカス
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:34

    >>51 鬼束ちひろは好き
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:36

    よっぽど金と環境が整わん限り子作りなんて無責任なこと出来んわ
    少子化いうても世界人口の方が深刻
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:37

    >>56
    そういうのを十把一絡げ、クソも味噌も一緒、というんだよ
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:40

    何か、良い事言ってる風の馬鹿ばっかじゃねーか、このスレ
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:41

    この意見に否定的なやつは
    自分の子供に「産んでなんて頼んでない」って
    言われたとき発狂して虐待してそう
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:44

    障害がある子供も施設に預けてそれっきりという親もいるし、中国の男女差が大きい事も、
    中国では1歳の赤ん坊を80万円で売るし、
    島根の渡津さんの三女は前の夫との子供を預けっぱなしだったし、
    子供の中でお気に入りは可愛いがるけど、他は怒鳴りつけるだけだし、虐待の罪はあまりにも軽いし、

    そんな世界で苦労自慢されながら一緒にまともに生きていけるとは到底思えない。
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:48

    子供を労働力としか見ていない。
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:50

    恩着せがましい子育てすると、
    恩着せがましい介護が待ってます。
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 21:55

    親が優秀でないと、
    なかなか子供は優秀にはなれない。
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 22:01

    虐待親の発狂は
    もはや、人間とは思えない。
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 22:09

    虐待は親が悪い。
    法の罪も軽い。

    誰が子供のかたきをうつのだろう。
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 22:13

    反出生主義は検挙して全員始末した方が良いと思うの
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 22:15

    施設に預けて別れぎわに「お母さーん、お母さーん」と泣く
    渡津さん三女の子供が可哀想だったな。

    その三女が家に帰って他の自分の子供と楽しく遊んでいる所は
    許せなかった。
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 22:16

    人口爆発で困っているんだよ。
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 22:17

    >>66
    idiocracy やな
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 22:27

    >>3 それによると 男性と女性という関係も 片方を蹴落とす為の関係 というね
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 22:45

    そもそも「子作り」とは生殖活動のことを指す
    実際に子供を作るその主体は人類に備わった繁殖システム

    その上で親はシステムとは別に記号としての「我が子」を求めるのであって、自然的な支配と理性的な幻想との対立によって「ヒト社会」を形成しゆくのである

    その対立こそ肉体的に示される「我」と社会的に示される「私」の原型である

    反出生主義を強く求める者は自らがこの「我」のみを認めることを暗示しており
    また、記号的「私」に対する希望的観測を抱くものは「私」のみを認めるのである

    生む生まないという行為を善悪選別できる人格は「場」以外に存在しない
    もし、互いの場を接続するならば「非出生主義(出生の善悪判別に拠らない主張)」でなければならない

    両者を認める事でしか記号と現象の連続性、発展性は発生しない
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 22:49

    現象の定量化や未定量化を求めるのはヒロイズム。

    {ヒロイズム=英雄化、英雄待望論 ⇔ 強い境界欲求 ⇔ 支配欲求、被支配欲求=価値均衡による場の接続}

    相対主義もヒロイズム、ボケとツッコミという役割もヒロイズム。

    レッテル(定量化)も、自己英雄化(論の正しさ)を動機とした自らの未定量化による他者への定量化圧力であり、間接的ヒロイズムによる自己英雄化 である。

    人間のあらゆる記号活動は 「場の接続=未定量化意識(前進性)の共有」と「成果という足場=定量化意識(停止性)の共有」の二つの機能によって 駆動する。

    全ての人間的動機と結果は境界意識という自他を英雄化する欲求によってしか齎されないということである。(動機や結果不在の場を示唆)

    英雄化に失敗すれば場の接続(価値均衡)という結果は消失し、英雄化の欲求がなければ記号活動の動機が消失する。

    この強い境界性と記号の関係は、物と貨幣の「命懸けの跳躍」と同じ関係にあり、これは境界欲求(未定量性)と記号(定量性)の動静の揺らぎといえ る。

    よってヒロイズムとは「言語活動の未定量性=現象の発展による記号の不足(外延性)」に触発される「言語記号の定量性=現象の停止による記号 の一意性(内包化)」という現状打破一連の記号の前進機能であり、この二面性の反復こそ揺らぎの実体(見えざる手)である。

    {不自由意思に許される唯一の自由性=現象への服従か不服従かの未定量選択(博打性)=開いた系内に設ける非発散境界=自在自由性}

    「人は先ず、対極を配置してのち自己を成し、成された自己によって新たな対極を配置する」
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 23:03

    つまり、反出生主義の最大の矛盾点は「我の不服」を主張の根拠としながら「私(ヒトの言葉)という記号の確からしさ」に頼らざるを得ない点である

    もし我が子が「私」として不服を申すならば、家族という記号として係わり合う関係構築が一方的になっている証拠であり(努力不足
    逆に我が子が「我」として不服を申すならば、親自らが「ヒト」という記号を伝達出来ていないのである(理性の放棄

    不服とは下のものから上位に向かって行われる嘆願である
    この時「言葉(ヒト言語)」を使って伝達されるのであるから、現状と記号のどこに不一致が存在するのか、野生と理性のいずれの立場で申しているのかを明確にしなければならない

    そもそも「全は一、一は全」とは肉体的な無境界性のことを指してはいない
    これは理の中で同じ性質を持つ働きという概念である
    自らがその個性によって「観測し得た不服」とは境界性による成果であるにも拘わらず、無境界を希求することは出来ないのである
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 23:06

    ここが一番大事&一部訂正

    もし我が子が「私」として不服を申すならば、家族という記号として係わり合う関係構築が一方的になっている証拠であり(努力不足
    逆に我が子が「我」として不服を申すならば、親自らが「ヒト」という記号性を欠き伝達出来ていないのである(理性の放棄
  • 2018年05月26日 23:14

    戦争で薬浴びたか何かで、奇形で生まれる確率高いから子供のことを思って作るの諦めたって人はいたぞ。
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 23:23

    子供のことを思って子供を作る親はいないという悲しい事実・・・・・・

    例えば↑の記号(文章)が80~90年ネットに残り続けるとする
    このスレを見て反出生主義を初めて認識する人格がいるとすれば、それはその者に対してやはり無形の責任を負っているのである
    もしこのスレを観測しなければその人格は一生を幸福に過ごせたかもしれないし、そうではないかもしれない

    そういう意味で人間は自然的に現象される実体とは別に
    記号を生み出し続け、その生み出された記号について常に思考し実体と連続性を獲得していくのである

    反出生主義を強く主張するものが居るならばこう言い返せば良いだろう

    「私はその考えを見て絶望している、だからそんな論説は存在しないほうが良い」と
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 23:31

    こうして何も考えない人の子が生き残っていく
    だから人間の知能は頭打ちになってるんだろうね
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 23:32

    23、24、25、26、28

    27
    ≪親足ろうとするものは未だ未分化の分身を生み出すのである
    我が子という記号を自らの内に見るのである

    人は先ず対極を配置してのち自己を成し、成された自己によって新たな対極を配置する
  • 思考ハッカー

    2018年05月26日 23:57

    てか俺らただの猿の末裔じゃん
    テキトーに生きろよ
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 01:07

    >>66 国の肥やしにするんだからもってこいだろ。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 01:09

    >>76 子供作ると何が幸せなの?どういう風に?
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 01:27

    そう思って、最も身近な他人と思って付き合うと
    こじれた関係も上手く行くぜ。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 01:37

    精神鑑定は受けた方がいい
    ダークサイドに居る女は結構多い
    男も多いが銭を持ってきてればそこまで重要ではない
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 01:52

    正解がない事柄なので
    どちらも、お互いを理解しようと歩み寄りが必要かも?
    子供欲しい&子育て中の人は、本能、かわいいから、子孫残す為、出来ちゃたから、将来面倒見てもらう為、楽しい家族を作りたいから、

    こんなトコか?

    子供いらない人は、出来ないから、お金かかるから、子供が面倒くさく嫌いだから、将来ニートや犯罪者の危険回避の為、

    こんなトコなのか?

    客観的にみると、前者は根拠がないけど何か楽しそう。
    後者、はある程度の危険は担保できそうだが、かまってサンや、ミーハーな女性にはキツそう。

    結果、自分の人生がガラリと変わる事は確かかな。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 01:54

    >>75
    どうなるか分かってたら面白くないじゃん
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 02:23

    >>1 そういう考えの持ち主しか子孫繁栄させられないからな
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 05:57

    ワイは年収5000万の家庭に産まれたから間違いなく幸せだったで要はうちみたいな家以外子供作るなってこと。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 07:20

    >>1 女は自分のコンプレックスと同等か見下せて優位なれるブサイク男との子供しか産まない。その前にこれを何故皆さん触れないのだろ?
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 07:45

    >>28 社会ではなくこの世界と俺たち人間の認識の限界がそうさせているんだぞ
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 08:28

    >>70
    奨学金とかバイトで金貯めるとか、働きながら夜間大学とか
    防大いくとか、やりようは幾らでもある訳で

    親の金で行く人と比べたら、ハンデになるのかも知れんけど
    それはさすがに違くね?
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 09:17

    人口爆発なんで、
    要らないんだよね。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 09:49

    アホやなー

    「子供のことを思って子供を作る親はいないという悲しい事実・・・・・・」

    とか言って自分は高尚な人間(いや、そもそも人間は愚かであるが・・・・・・)とか思っちゃってるんだぜコイツ

    たーだの邪気眼でーすw
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 11:08

    レオン見たら泣けた
    主人公ぐうかっこいい
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 14:22

    子供は他人ではないのか……。
    子供を何も考えずに生む方は子供が愛玩動物や玩具ではなく、己とは別人格の人間だということを考慮していないのかな。
    たとえば、実生活で大切な人や友人へ何かを勧める時、事前にそのことの概要を説明しないのだろうか。
    大切な人であれば、ある程、メリットや楽しさだけではなく、リスクやデメリットも説明すると思うのだけれど……。
    その上、了承もとっていないのに勝手に連れてくるのは横暴が過ぎるのではないのかな…………。
    上述のことの一切を自分がされても文句を言わないし、受け入れるというならまだ解るけれどね。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 18:06

    46
    その「解る」という感情を「横暴さ」と同様、理屈で説明しようとしているのが反出生主義
    解るなら無言の内に理解していれば良いのであって、その裏にこうすべき、ああすべきという暗喩が隠れているだろ
    記号の限界を超えて実体を束縛することは出来ないんだよ
    君は記号で表現しきれない現象をわからないのではなく、解りたくないと願っているんだよ
    その前進性を棄てたものに記号の何たるかはそもそも理解できないんだよ
    木を見て森を見ず、川を見て流れを見ず、自然を見て変化を見ず
    記号よりも実体が先行する事がまず自然なのであって、観測者までも停止してしまえば良いというのがいずれにしたって奢りなんだよ
    その自然現象に我々の理性がミームとして記号を能え、前進(新しい記号を獲得)しているのだから
    好き嫌いで断じたり、決定論の立場に立つなら、記号性(文明)自体を軽視しているのと変わり無いんだよ
    その軽視した記号性に頼りながら存在の無意味さを説いたり、君も文句言わないのか?と疑問したところで誰とも「場の接続」を望んでいない表れなんだよ
    なぜなら何度も説明している通り、反出生主義も野性的な人間も記号を自ら棄てているからである

    これは理解しろという話ではなく、その前進性の中にこそ理性が宿る世の理
    それを超えて吠えたところで前進性を棄てて野性に対峙するために自ら野性に堕ちるのと同じ
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 18:14

    そもそも「子作り」とは生殖活動のことを指す 実際に子供を作るその主体は人類に備わった繁殖システム

    その上で親はシステムとは別に記号としての「我が子」を求めるのであって、自然的な支配と理性的な幻想との対立によって「ヒト社会」を形成しゆくの である

    その対立こそ肉体的に示される「我」と社会的に示される「私」の原型である

    反出生主義を強く求める者は自らがこの「我」のみを認めることを暗示しており また、記号的「私」に対する希望的観測を抱くものは「私」のみを認めるのである

    生む生まないという行為を善悪選別できる人格は「場」以外に存在しない もし、互いの場を接続するならば「非出生主義(出生の善悪判別に拠らない主張)」でなければならない

    両者を認める事でしか記号と現象の連続性、発展性は発生しない
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 18:15

    現象の定量化や未定量化を求めるのはヒロイズム。

    {ヒロイズム=英雄化、英雄待望論 ⇔ 強い境界欲求 ⇔ 支配欲求、被支配欲求=価値均衡による場の接続}

    相対主義もヒロイズム、ボケとツッコミという役割もヒロイズム。

    レッテル(定量化)も、自己英雄化(論の正しさ)を動機とした自らの未定量化による他者への定量化圧力であり、間接的ヒロイズムによる自己英雄化 であ る。

    人間のあらゆる記号活動は 「場の接続=未定量化意識(前進性)の共有」と「成果という足場=定量化意識(停止性)の共有」の二つの機能によって 駆動す る。

    全ての人間的動機と結果は境界意識という自他を英雄化する欲求によってしか齎されないということである。(動機や結果不在の場を示唆)

    英雄化に失敗すれば場の接続(価値均衡)という結果は消失し、英雄化の欲求がなければ記号活動の動機が消失する。

    この強い境界性と記号の関係は、物と貨幣の「命懸けの跳躍」と同じ関係にあり、これは境界欲求(未定量性)と記号(定量性)の動静の揺らぎといえ る。

    よってヒロイズムとは「言語活動の未定量性=現象の発展による記号の不足(外延性)」に触発される「言語記号の定量性=現象の停止による記号 の一意性 (内包化)」という現状打破一連の記号の前進機能であり、この二面性の反復こそ揺らぎの実体(見えざる手)である。

    {不自由意思に許される唯一の自由性=現象への服従か不服従かの未定量選択(博打性)=開いた系内に設ける非発散境界=自在自由性}

    「人は先ず、対極を配置してのち自己を成し、成された自己によって新たな対極を配置する」
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 18:29

    つまり、反出生主義の最大の矛盾点は「我の不服」を主張の根拠としながら「私(ヒトの言葉)という記号の確からしさ」に頼らざるを得ない点である

    もし我が子が「私」として不服を申すならば、家族という記号として係わり合う関係構築が一方的になっている証拠であり(教示努力の不足
    逆に我が子が「我」として不服を申すならば、親自らが「ヒト」という記号性を欠き伝達出来ていないのである(理性の放棄

    不服とは下のものから上位に向かって発せられる嘆願である
    この時「言葉(ヒト言語)」を使って伝達されるのであるから、現状と記号のどこに不一致が存在するのか、野性と理性のいずれの立場で申しているのかを明確にしなければならない

    そもそも「全は一、一は全」の考え方は肉体的な無境界性のことを指しているわけではない
    これは理の中で同じ性質を持つ働きという概念であり、自らがその個性によって「観測し得た不服」とは境界性(自他)による成果である
    にも拘わらず、無境界(現象差の無い定常世界)を希求することは出来ないのである
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 18:29


    例えば生まれてくることは不幸だとする文章が今後、80~90年ネットに残り続けるとする
    このスレを見てそのような反出生主義を初めて認識する人格がいるとすれば、それはその者に対してやはり無形の責任(対象への意識)を負っているのである
    もし、このスレを観測しなければその人格は一生を幸福に過ごせたかもしれないし、そうではないかもしれない

    そういう意味で人間は自然的に現象される実体とは別に 記号を生み出し続け、その生み出された記号について常に思考し実体と連続性を獲得していくのである

    反出生主義を強く主張するものが居るならばこう言い返せば良いだろう

    「私はその考えを見てしまった事によって絶望している、だからそんな論説は存在しないほうが良い」と

    この人格は自己の存在、未来に何の疑問も不幸も無かったにも拘わらず反出生主義という主張が存在することで拭えぬ十字架を背負ってしまったのである
    ここに暗に「~無ければ良い、~でなければならない」という命令が隠れているとするならば、反出生主義と同じ論法で対象を否定できてしまう事になる
    つまり反出生主義は記号性(停止性と前進性)の問われる壇上にそもそも登壇していないのである
    これは文末を疑問符にしたところで同じである
    場の接続を望まずに発せられる主張は記号と言える代物ではなく「長すぎる感嘆詞」か「場の接続を望まない一方的な命令」なのである
  • 47~51

    2018年05月27日 18:49

    46
    それと生まれてない者を他人と決定づける矛盾は反出生主義主張者によく見られる詭弁
    記号の停止(結論)に立脚して記号の前進性(過程)を語る誤謬
    まだ生まれていない子供は記号としての「我が子」と説明しているだろう
    野性に生きるものは言葉を使えているように見えて実は自然と分化出来ていない
    理性に生きようとも、記号の停止に陥るならば「記号の歩み≪これが記号の正しさの根源」を打ち捨てて足蹴にしている
    この「我が子(記号性)」を語るにあたって反出生主義はまず前提を満たしていないのだよ
    すでに詳細に説明している、記号性の何たるか、また自他境界の何たるかを全く理解出来ていない
    実体の先に記号性が先立つ事はあっても、記号が先立つ事は無い
    もし先立つと錯覚して居るならば、そこには真の意味での記号(性)が成立していない
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 19:03

    ※51
    丁寧なご説明有難う御座います。
    仰りたいことはわかりますよ。
    ちなみに私は子供は祝福される存在だと思っていますし、生まれてきたからには幸せにするべく環境を整えることが必要だと考えています。
    ただ、子供が親の付属品ではなく、別人格であることは否定出来ないわけでして……。
    お子さんをコウノトリが運んできて、勝手に押し付けていったというなら、そこに責任を負う必要はないわけで、話は解りますよ。
    しかし、子供はそうやって生まれてくるわけではないことは皆さん、知っているわけで……。
    行動がなければ結果もないのですよ…………。
    子は親を選べません。
    親もまた子を選べないが、行動を起こさないという選択は出来ます。
    何一つ、環境や能力、当人の意思に関係なく、勝手に巻き込んでおいて、後は知らぬ存ぜぬは酷くありませんか?
    一度、生を受けたら、苦痛無しではドロップアウト出来ないのですよ?
    にも拘らず、自分は死にたくない、苦しみたくない、社会は厳しい等といっているのがいまいち、わかりません。

    長々と書いてしまいましたが、他人を事前説明もせず、了承すらとらずにゼロサムゲームに巻き込むのならば、当人(親御さん)も痛みと恐怖を耐え、受容する覚悟は必要なのではと個人的には思いますよ。
    無論、子供など、暇潰しの道具で適当に虚栄心と体裁を満たしてくれれば、どこで野垂れ死のうが知ったことではないと仰るなら、もう何もいえませんけれどね…………。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 20:58

    >>62
    ここまで全員やかましいわ
    子供を持たない奴が親を語るなよ
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 21:03

    仰りたいことはわかりますよ。

    ≪やっぱり、分かってないね。
    駄文で流すぐらいなら、解るまで何度でも読み直して頂きたい。
    君が言ってることも全部含まれてるし、そのうえで、だからと言って未確の存在を論じることは出来ないと言っている。
    もし論じたいならば言葉を使ってはいけない、既に説明している通り記号性とは前進する者達の言葉であるから。
    つまり正しく言葉を使おうとしない君は、自分だけそう思うように行動すれば良いこと。
    グダグダとくだらない反論を重ねているところを見ると結局君のソレ(米53)も命令なのだろう。
    さも理性的に見せ掛けた布教活動、偽善者の嘘は実にくだらない。
    嘘を分かってて嘘を付いている節さえある。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 21:05

    米54 やかましい、と言語活動自体を否定するなら親云々以前に言葉を都合よく利用するな猿
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 21:16

    ※54
    そんなこと考えられない、考えたくない
    それでいて、さも自分が上の立場であるかのような物言いで貶めることしかできないんだね
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 21:17

    「解る」という感情を「横暴さ」と同様、理屈で説明しようとしているのが反出生主義
    解るなら無言の内に理解していれば良いのであって、その裏にこうすべき、ああすべきという暗喩が隠れている
    記号の限界を超えて実体を束縛することは出来ない
    彼等は記号で表現しきれない現象をわからないのではなく、解りたくないと願っている
    記号の前進性を棄てたものに記号の何たるかはそもそも理解できない
    木を見て森を見ず、川を見て流れを見ず、自然を見て変化を見ず
    記号よりも実体が先行する事がまず自然なのであって、観測者までも停止してしまえば良いというのが奢り、侮り
    自然現象に我々の理性がミームとして境界、機能、記号を能え、前進(新しい記号を獲得)しているからこそ記号性が成り立っている
    これを超越する記号は存在しない、つまりこれ以上の問題を言葉によって支配しようとする者は善人の仮面を被った悪魔と同じで暗示や呪いの使役者
    記号限界を好き嫌いで断じたり、決定論の立場に立つなら、記号性(文明)自体を軽視しているのと変わり無い
    自らがそうやって「軽視した記号性」に頼りながら存在の無意味さを説いたり、疑問を呈したところで誰とも「場の接続」を望んでいない自閉世界の表れ
    反出生主義も野性的な人間も記号を自ら棄てているとはこういうこと
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 21:20

    現象の定量化や未定量化を求めるのはヒロイズム。

    {ヒロイズム=英雄化、英雄待望論 ⇔ 強い境界欲求 ⇔ 支配欲求、被支配欲求=価値均衡による場の接続}

    相対主義もヒロイズム、ボケとツッコミという役割もヒロイズム。

    レッテル(定量化)も、自己英雄化(論の正しさ)を動機とした自らの未定量化による他者への定量化圧力であり、間接的ヒロイズムによる自己英雄化 であ る。

    人間のあらゆる記号活動は 「場の接続=未定量化意識(前進性)の共有」と「成果という足場=定量化意識(停止性)の共有」の二つの機能によって 駆動す る。

    全ての人間的動機と結果は境界意識という自他を英雄化する欲求によってしか齎されないということである。(動機や結果不在の場を示唆)

    英雄化に失敗すれば場の接続(価値均衡)という結果は消失し、英雄化の欲求がなければ記号活動の動機が消失する。

    この強い境界性と記号の関係は、物と貨幣の「命懸けの跳躍」と同じ関係にあり、これは境界欲求(未定量性)と記号(定量性)の動静の揺らぎといえ る。

    よってヒロイズムとは「言語活動の未定量性=現象の発展による記号の不足(外延性)」に触発される「言語記号の定量性=現象の停止による記号 の一意性 (内包化)」という現状打破一連の記号の前進機能であり、この二面性の反復こそ揺らぎの実体(見えざる手)である。

    {不自由意思に許される唯一の自由性=現象への服従か不服従かの未定量選択(博打性)=開いた系内に設ける非発散境界=自在自由性}

    「人は先ず、対極を配置してのち自己を成し、成された自己によって新たな対極を配置する」
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 21:26

    反出生主義の最大の矛盾点は「我の不服」を主張の根拠としながら「私(ヒトの言葉)という記号の確からしさ」に頼らざるを得ない点にある
    もし我が子が「私」として不服を申すならば、家族という記号として係わり合う関係構築が一方的になっている証拠であり(境界の上下環境における上位者に托された文化的義務、教示努力の不足
    逆に我が子が「我」として不服を申すならば、親自らが「ヒト」という記号性を欠き伝達出来ていないのである(理性の放棄
    不服とは下のものから上位に向かって発せられる嘆願である
    この時「言葉(ヒト言語)」を使って伝達されるのであるから、現状と記号のどこに不一致が存在するのか、野性と理性のいずれの立場で申しているのかを 明確にしなければならない
    そもそも「全は一、一は全」の考え方は肉体的な無境界性のことを指しているわけではない
    これは理の中で同じ性質を持つ働きという概念であり、自らがその個性によって「観測し得た不服」とは境界性(自他)による成果である
    にも拘わらず、無境界(現象差の無い定常世界)を希求することは出来ないのである

    例えば反出生主義を唱えたスレが今後、80~90年ネットに残り続けるとする
    そのスレを見てそのような反出生主義を初めて認識する人格がいるとすれば、それはその者に対してやはり無形の責任(対象への意識)を負っているのである
    もし、このスレを観測しなければその人格は一生を幸福に過ごせたかもしれないし、そうではないかもしれない
    そういう意味で人間は自然的に現象される実体とは別に 記号を生み出し続け、その生み出された記号について常に思考し実体と連続性を獲得していくの である

    もし反出生主義を布教する者が居るならこう言い返せば良いだろう
    「私はその考えを見てしまった事によって絶望している、だからそんな論説は存在しないほうが良い」と
    この人格は自己の存在、未来に何の疑問も不幸も無かったにも拘わらず反出生主義という主張が存在することで拭えぬ十字架を背負ってしまったのである
    ここに暗に「~無ければ良い、~でなければならない」という命令が隠れているとするならば、反出生主義と同じ論法で対象を否定できてしまう事になる
    つまり反出生主義は記号性(停止性と前進性)の問われる壇上にそもそも登壇していないのだ
    これは文末を米46や53のように疑問符にしたところで同じである
    場の接続を望まずに発せられる主張は記号と言える代物ではなく「長すぎる感嘆詞」か「場の接続を望まない一方的な命令」なのである
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 21:41

    親に若くして死別し尚、自らの意志で生きようと心に決める若者に「ほら、やっぱり不幸だ!皆生まれて来ないほうが良かったんだ!」というのが反出生主義者

    そもそも良識ある反野性主義や非出生主義者は彼のような存在や、これから出産を考える夫婦さえも祝福するだろう
    そうすることによって自らの想像の中にしか存在し得ない「死と不幸」に立ち向かうのである
    反出生主義者はこの「理性の仮衣」を纏って自己中心主義を語っているのだ
    全ての自己に死が訪れるという主張がそもそも嘘なのだ
    「肉体的機能の無が等しく訪れる」のである
    死を自覚するものは存在しない
    死とは他者の身体機能の停止を観測する事である
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 21:47

    ※55
    ご説明いただき有難う御座います。
    ご不快にさせてしまったようでしたら、申し訳ありません。
    つまり、ご託を並べず、思考停止し、黙って子供を生めと仰っているのですか?
    貴方の仰る通り、生まれる前の子供は正確には子供ではなく、人格も確認出来ません。
    では、人格が確認出来ないのなら、勝手に話を進めても許されるのでしょうか。
    相手の意思が確認出来ないのなら、一般的には行動を起こさないと思うのですけれど……。
    この時点で価値観が根本的に違うようなので、論じても無意味かも知れませんね…………。
    後、私は別に何度もいうようですが、子供を生むことに盲目的に反対しているわけではありませんよ。
    何が貴方をそこまで駆り立てるのか残念ながら私にはわかりませんが、子供も親も双方、痛みなく、損をしない選択肢があるなら、それを模索すべきではないのですか?

    世の中には様々な方がいらっしゃいます。
    貴方のようなお考えを持つ方も居ますし、それとは異なった考えを持つ方も居るわけです。
    こういった場合、相互不干渉が一番、穏便なのですよ。
    つまり、子供と親の関係も同じで互いに関わり合いにならなければ、こうしたトラブルは生まれないわけです。
    それを無視して、一方的に巻き込むのならば、人間には向き不向きがあることをご存知でしょうか?
    当然、生きているのに向いていない、興味がない、適性のない人間も悲しいですが存在します。
    お酒の飲めない方に無理やり、酒を飲ませるようなものです。
    貴方のお考えだとこういった方々に自決しろといっているように聞こえるのですが……。
    徹頭徹尾、自らの都合で勝手に巻き込んでおいて、気に入らないなら痛みを耐えて自害しろということに対して、何も思われないのですか?
    繰り返すようですが、子供は親のコピーでも玩具でもサンドバッグでも愛玩動物でもないのですよ?
    普段は理性で行動するのにこういった生殖活動に関しては本能を盾にするのならば、それこそ詭弁ではないのですか。
    生まれてくることを避けられないのなら、せめて、苦痛なく、退場出来るようなシステムを造るのが優しさではないのでしょうか……。
    それならば、貴方のようなお考えを持つ方もそうではない方も上手く棲み分け出来て、相互不干渉が成り立ち、上手くやれるのではないのでしょうか。
    お互い、そちらの方が心地良いのではありませんか?
    長々と申し訳ありません。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 21:53

    >>62 人間の人生ってそんな大層なもんじゃないから
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 22:05

    62
    生め、生むな、不幸になるはず、幸せになるはず
    同じものを見て同じように考えるはず
    だから、無い方が良い
    というのが詭弁、というか勝手の思い込み
    心地よさ等というものは一種の幻想
    ストレス(緊張)がなければ心地よさ(解放)もない
    記号を正しく使わない人間は一生、意味の無い呪文を繰り返すのみ
    記号性の拒否(真のモラトリアム)は
    「記号を永久に停止させること」と「自然に服従し野性的に生きること」
    君が語っているのはまさに前者
    記号性(前進性を動機とする停止性を、停止性を動機とする前進性)を拒否しながら、記号を偉そうに常識者ぶって利用していること
    グループカウンセリングが必要なら然るべき処へ行けば良い
    記号性とは刻みながら前進する人類全体の認知、認識機能
    これは「~を見るかぎり今は~としか言えない」が大原則であって「単独の主意的な~すべき」という概念は記号性では一意性を求められない
    言葉の世界でそれをやろうとするのは、扇動と同じ、極端に言えばヒトラーと同じことをやっている
    それでも言葉を使いたがるだからソレは記号性にとって明確な悪意といえる

    キルケゴールの「絶望に至る病」を読めば私の主張と大体同じ事が書いてある
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 22:07

    63
    お前も解っていない
    大層とか、大層じゃないとか「ぜーんぶお前らの主観」
    そこにさも観測行為の正しさが在るような一意性を求めるな
    そして記号を粗雑に扱う奴は言葉を使うな

    62もお前も同じ穴のムジナだよ
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 22:09

    そして既に流れた過疎まとめでタイミング良く沸きすぎ
    つまり、俺は何度でも58~61のループを貼り直す
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 22:17

    つまり愛されず育った奴らの集まりってこと?
    不努力な無能が勝手に哀れな境遇にいて子供もそうなると思い込んでるだけってこと?
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 22:21

    米67
    知らん、少なくともお前のソレは邪推
    私は「正しく言えること」を「正しく主張」しなければ「正しさ」は無いと言っているだけ
    お前らが理解できようが出来まいが難しいことは何も書いちゃいない
    ホルモンバランスの不調で君らの「正しさ」がブレブレなんだろ
    ソレは個別になんで?って聞かれても私は知らん
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 22:24

    ※64
    幾度もご説明いただき有り難い限りです。
    私は生むな、生んだら不幸になるなんて一言もいってませんよ…………。
    ただ何の了解もなく、他者を巻き込むのなら、巻き込む方には相応の覚悟が必要ではと申し上げているだけで……。
    他者を強引に巻き込んでおいて、自分は痛いのは嫌だ、社会は厳しい、病気が辛い、生きるのは苦しいといっている方がいらっしゃるとそれはおかしくないかと思うだけでして……。
    自分が辛いと思っているものを他人に押し付けるのは筋が通らなくはないですか?
    私にはそこまで盲信的になる理由がまるで理解出来かねますが、お子さんが満足していらっしゃるならそれが一番ですからね。
    ただ気になるのはお子さんが苦境に立たされ、痛みに苛まれていたら、自決しろといい放つのでしょうか?
    もし、そうだと仰るのなら、私からは何も申し上げることはございません。
    良心や道徳といった定義が完全に食い違っているかと思われますので…………。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 22:35

    69 おう、勝手に食い違っとけ
    46: 思考ハッカー 2018年05月27日 14:22
    子供は他人ではないのか……。
    子供を何も考えずに生む方は子供が愛玩動物や玩具ではなく、己とは別人格の人間だということを考慮していないのかな。
    たとえば、実生活で大切な人や友人へ何かを勧める時、事前にそのことの概要を説明しないのだろうか。
    大切な人であれば、ある程、メリットや楽しさだけではなく、リスクやデメリットも説明すると思うのだけれど……。
    その上、了承もとっていないのに勝手に連れてくるのは横暴が過ぎるのではないのかな…………。
    上述のことの一切を自分がされても文句を言わないし、受け入れるというならまだ解るけれどね。

    47: 思考ハッカー 2018年05月27日 18:06
    46 その「解る」という感情を「横暴さ」と同様、理屈で説明しようとしているのが反出生主義
    解るなら無言の内に理解していれば良いのであって、その裏にこうすべき、ああすべきという暗喩が隠れているだろ
    記号の限界を超えて実体を束縛することは出来ないんだよ
    君は記号で表現しきれない現象をわからないのではなく、解りたくないと願っているんだよ
    その前進性を棄てたものに記号の何たるかはそもそも理解できないんだよ

    そもそも良識ある反野性主義や非出生主義者は彼のような存在や、これから出産を考える夫婦さえも祝福するだろう
    そうすることによって自らの想像の中にしか存在し得ない「死と不幸」に立ち向かうのである
    反出生主義者はこの「理性の仮衣」を纏って自己中心主義を語っているのだ
    全ての自己に死が訪れるという主張がそもそも嘘なのだ
    「肉体的機能の無が等しく訪れる」のであって死を自覚するものは存在しない
    死とは他者の身体機能の停止を観測する事である

    記号性(前進性を動機とする停止性を、停止性を動機とする前進性)を拒否しながら、記号を偉そうに常識者ぶって利用していること
    グループカウンセリングが必要なら然るべき処へ行けば良い
    記号性とは刻みながら前進する人類全体の認知、認識機能 これは「~を見るかぎり今は~としか言えない」が大原則であって「単独の主意的な~すべき」という概念は記号性では一意性を求められない
    言葉の世界でそれをやろうとするのは、扇動と同じ、極端に言えばヒトラーと同じことをやっている
    それでも言葉を使いたがるのだからソレは記号性にとって明確な悪意といえる

    つまり正しく言葉を使おうとしない君は、言葉に頼らず自分だけそう思うように行動すれば良いこと。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 22:36

    現象の定量化や未定量化を求めるのはヒロイズム。

    {ヒロイズム=英雄化、英雄待望論 ⇔ 強い境界欲求 ⇔ 支配欲求、被支配欲求=価値均衡による場の接続}

    相対主義もヒロイズム、ボケとツッコミという役割もヒロイズム。

    レッテル(定量化)も、自己英雄化(論の正しさ)を動機とした自らの未定量化による他者への定量化圧力であり、間接的ヒロイズムによる自己英雄化 であ る。

    人間のあらゆる記号活動は 「場の接続=未定量化意識(前進性)の共有」と「成果という足場=定量化意識(停止性)の共有」の二つの機能によって 駆動す る。

    全ての人間的動機と結果は境界意識という自他を英雄化する欲求によってしか齎されないということである。(動機や結果不在の場を示唆)

    英雄化に失敗すれば場の接続(価値均衡)という結果は消失し、英雄化の欲求がなければ記号活動の動機が消失する。

    この強い境界性と記号の関係は、物と貨幣の「命懸けの跳躍」と同じ関係にあり、これは境界欲求(未定量性)と記号(定量性)の動静の揺らぎといえ る。

    よってヒロイズムとは「言語活動の未定量性=現象の発展による記号の不足(外延性)」に触発される「言語記号の定量性=現象の停止による記号 の一意性 (内包化)」という現状打破一連の記号の前進機能であり、この二面性の反復こそ揺らぎの実体(見えざる手)である。

    {不自由意思に許される唯一の自由性=現象への服従か不服従かの未定量選択(博打性)=開いた系内に設ける非発散境界=自在自由性}

    「人は先ず、対極を配置してのち自己を成し、成された自己によって新たな対極を配置する」
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 22:44

    ※70
    そんな喧嘩腰にならなくても……。
    お言葉ですが、貴方は論点をずらし、話をすり替えて、私の質問に何一つ答えていらっしゃらないではないですか……。
    貴方の仰っていることは感情論に基づいた結論ありきの人格攻撃では……。
    お子さんにもそうやって高圧的に接するのですか?
    何も申し上げることはないと書いてしまいましたが、追記させていただきました。
    別に私は貴方と喧嘩したいわけではないし、論破したいわけでもないのですよ……。
  • 思考ハッカー

    2018年05月27日 23:25

    みんな死にたくない。

    以上。
  • 思考ハッカー

    2018年05月28日 03:25

    論破するのめんどくせえわ。とにかく子供を産むなら幸せにするのが親の務め世の中は素晴らしいんだと思わせてくれ
  • 思考ハッカー

    2018年05月28日 05:57

    じゃあワイがそれを邪魔するわ
    汚い世の中に変えてやる
  • 思考ハッカー

    2018年05月28日 07:05

    汚い世の中にするのは簡単だもんね。
  • 思考ハッカー

    2018年05月28日 07:07

    上の長文、
    日常に反映されると良いね。

    都合よく反映させそうだけどさ。
  • 思考ハッカー

    2018年05月28日 15:09

    米77
    はい、また阿保な煽りが出没したので貼り直し決定
    上気した説明は現象をまるごと切り取ったのみで、言わば事実と言っても変わり無い
    お前が思うような、そこらへんの人生哲学と一緒にするな
  • その1

    2018年05月28日 15:10

    現象の定量化や未定量化を求めるのはヒロイズム。

    {ヒロイズム=英雄化、英雄待望論 ⇔ 強い境界欲求 ⇔ 支配欲求、被支配欲求=価値均衡による場の接続}

    相対主義もヒロイズム、ボケとツッコミという役割もヒロイズム。

    レッテル(定量化)も、自己英雄化(論の正しさ)を動機とした自らの未定量化による他者への定量化圧力であり、間接的ヒロイズムによる自己英雄化 であ る。

    人間のあらゆる記号活動は 「場の接続=未定量化意識(前進性)の共有」と「成果という足場=定量化意識(停止性)の共有」の二つの機能によって 駆動す る。

    全ての人間的動機と結果は境界意識という自他を英雄化する欲求によってしか齎されないということである。(動機や結果不在の場を示唆)

    英雄化に失敗すれば場の接続(価値均衡)という結果は消失し、英雄化の欲求がなければ記号活動の動機が消失する。

    この強い境界性と記号の関係は、物と貨幣の「命懸けの跳躍」と同じ関係にあり、これは境界欲求(未定量性)と記号(定量性)の動静の揺らぎといえ る。

    よってヒロイズムとは「言語活動の未定量性=現象の発展による記号の不足(外延性)」に触発される「言語記号の定量性=現象の停止による記号 の一意性 (内包化)」という現状打破一連の記号の前進機能であり、この二面性の反復こそ揺らぎの実体(見えざる手)である。

    {不自由意思に許される唯一の自由性=現象への服従か不服従かの未定量選択(博打性)=開いた系内に設ける非発散境界=自在自由性}

    「人は先ず、対極を配置してのち自己を成し、成された自己によって新たな対極を配置する」
  • その2

    2018年05月28日 15:14

    人類全体と言ったときナニモノかによって観測俯瞰されるような「意味」は存在しない 我々は意味があると錯覚することで繁殖する

    これは繁殖するから繁殖するという循環論を用いない
    一言で言うならば「猿から人間」に進歩しようとするから前進(立体化)するのである
    猿が一般的な位置、平面ならば、いつまで経っても猿のままである
    彼等の停止記号はつまり手詰まりゆえの反論である

    生物が発生した原因(理由)は「多様な元素を持つ地球表面」という「正負エントロピーの釣り合いゆらぐ周期環境」自体にエネルギー、情報、物質 の安定化機構が働く自発性に在る

    その地球生物を基準とした環境、所謂ハビタブルゾーンの中でも、さらに惑星系外に情報の交換性を獲得するべく生態系の高層化が起きる

    これは推論ではない、必然であり因果である

    また我々の意識もその因果の雛形
    それぞれが意味を求めること=多様な情報の観測器 として発達し、より遠くの、より広範の、より構造的な エネ ルギーを地球や太陽系全体と結び付ける(もつれる)構造を獲得した
    そうやって宇宙全体がエントロピーの局所的な位相差をエネルギーの保存則に従って補い合っている

    よって意味があるから意味が在るのではなく、意味を求めることで意味を獲得することが出来るのだ

    この「ミームを求める」行為によって
    我思うゆえに我在った=確認できる「観る我(私)」という自己記号化が完成する

    新しい記号性を求めないのであれば
    我思うゆえに我在り=「見る我(現象と観測者) 」という観測器の働きでしかなく

    言葉も無く
    我が思い思った=としても、自然との分別は付かない(私という記号が存在しない野性

    これは自然に対する信仰性(服従、不服従)によって自らの在り方(立ち位置)を定められる、自意識を持つ存在に許された唯一の自由性(自在自由性) である
  • その3

    2018年05月28日 15:18

    「解る」という感情を「横暴さ」と同様、理屈で説明しようとしているのが反出生主義

    解るなら無言の内に理解していれば良いのであって、その裏にこうすべき、ああすべきという暗喩が隠れている

    同じ疑問符を繰り返すのも同じ愚かさのためである

    記号の限界を超えて実体を束縛することは出来ない ≪この一言で本来はかたがつく

    彼等は記号で表現しきれない現象をわからないのではなく、解りたくないと願っている

    記号の前進性を棄てたものに記号の何たるかはそもそも理解できな

    木を見て森を見ず、川を見て流れを見ず、自然を見て変化を見ず

    記号よりも実体が先行する事がまず自然なのであって、観測者までも停止してしまえば良いというのが奢り、侮り 自然現象に我々の理性がミームとして境界、機能、記号を能え、前進(新しい記号を獲得)しているからこそ記号性が成り立っているのである

    この記号性が無ければ言葉自体が存在しなくなると言ってもよい

    記号性を超越する記号は存在しない、つまりこれ以上の問題を言葉によって支配しようとする者は善人の仮面を被った悪魔と同じで暗示や呪いの使役者

    記号限界を好き嫌いで断じたり、決定論の立場に立つなら、記号性(文明)自体を軽視しているのと変わり無い

    自らがそうやって「軽視した記号性」に頼りながら存在の無意味さを説いたり、疑問を呈したところで誰とも「場の接続」を望んでいない自閉世界の表れでしか無いのだ

    反出生主義も野性的な人間も記号を自ら棄てているとはこういうこと
  • その4

    2018年05月28日 15:31

    つまり、反出生主義の最大の矛盾点は「我の不服(主観論)」を主張の根拠としながら「私(ヒトの言葉)という記号の確からしさ(客観論)」に頼らざるを得ない点にある

    もし我が子が「私」として不服を申すならば、家族という記号として係わり合う関係構築が一方的になっている証拠であり(支配側に課せられる自己正当化義務、教示努力の不足

    逆に我が子が「我」として不服を申すならば、親自らが「ヒト」という記号性を欠き伝達出来ていないのである(理性の放棄

    不服とは下のものから上位に向かって発せられる嘆願である

    この時「言葉(ヒト言語)」を使って伝達されるのであるから、現状と記号のどこに不一致が存在するのか、野性と理性のいずれの立場で申しているのかを 明確にしなければならない

    そもそも「全は一、一は全」の考え方は肉体的な無境界性のことを指しているわけではない

    これは理の中で同じ性質を持つ働きという概念であり、自らがその個性によって「観測し得た不服」とは境界性(自他)による成果であるにも拘わらず、無境界(現象差の無い定常世界)を希求することは出来ないのである

    もし本当に良識ある反野性主義や非出生主義者はこれから出産を考える夫婦さえも祝福し、実体のある応援をするだろう

    そうすることによって自らの想像の中にしか存在し得ない「死と不幸」に彼等の理性が立ち向かうのである

    反出生主義者はこの「理性の仮衣」を纏って自己中心主義を語っているのだ

    全ての自己に死が訪れるという主張がそもそも嘘である

    「肉体的機能の無が等しく訪れる」のであって死を自覚するものは存在しない

    死とは他者の身体機能の停止を観測する事である

    死にたくないと思ってるだろう?という疑問も無力である、痛みを恐れることと死を恐れることを混同してはならない、これも記号の破壊につながるためである

    ときたまに「自らの死」を選択する者が現れるが、そうやって死という境界を概念的に纏うことで生に密度や色、時間という概念が関係して来るのだ

    これらの文明を破壊してもよいと言っているのと同義である

    またこれと同じ詭弁や論法として
    「必ず人は死ぬのだから生まれるべきではない」
    「未だ発生していない人格に了承をとれ」
    「生まれたものに祝福を」
    を同等に扱おうとする

    これは正に理性の借り衣を被った悪魔なのである
  • その5

    2018年05月28日 15:42

    生め、生むな、不幸になるはず、幸せになるはず、同じものを見て同じように考えるはず、未在の人格に了承をとるべき、記号なんてものは無い、死を怖がるから死にたく無いはず、生きることは苦しいこと、偶奇性は苦しみ

    これら全てが詭弁、というか自分勝手の思い込み

    心地よさ等というものは一種の幻想 ストレス(緊張)がなければ心地よさ(解放)もない

    記号を正しく使わない人間は一生、そのような意味の無い呪文、嘆きを繰り返すのみ

    記号性の拒否(真のモラトリアム)は
    「記号を永久に停止させること」と「自然に服従し野性的に生きること」

    君らが語っているのはまさに前者

    記号性(前進性を動機とする停止性を、停止性を動機とする前進性)を拒否しながら、記号を偉そうに常識者ぶって利用していることがそもそもの過ち

    意識してかしてにないか別として、嘘を付くために言葉を発しているようなもの

    グループカウンセリングが必要なら然るべき処へ行けば良い

    記号性とは刻みながら前進する人類全体の認知、認識機能

    これは「~を見るかぎり今は~としか言えない」が大原則であって「単独の主意的な~すべき」という概念は記号性では現象との一意性を求められない

    誤解や齟齬が発生することを理解したうえで同じ主張や疑問を繰り返すからソレは悪意だと言っている

    言葉の世界でそれをやろうとするのは、扇動と同じ、極端に言えばヒトラーと同じことをやっている

    キルケゴールの「絶望に至る病」を読めば私の主張と大体同じ事が書いてあるだろう

    彼の場合、動機の部分を無理に「個人と神」に落とし込んだ不自然さはあるが
  • その6

    2018年05月28日 16:06

    そもそも「子作り」とは生殖活動のことを指す 実際に子供を作るその主体は人類に備わった繁殖システム

    その上で親はシステムとは別に記号としての「我が子」を求めるのであって、自然的な支配と理性的な幻想との対立によって「ヒト社会」を形成しゆくの である

    その対立こそ肉体的に示される「我」と社会的に示される「私」の原型である

    反出生主義を強く求める者は自らがこの「我」のみを認めることを暗示しており また、記号的「私」に対する希望的観測を抱くものは「私」のみを認め るのである

    生む生まないという行為を善悪選別できる人格は「場」以外に存在しない もし、互いの場を接続するならば「非出生主義(出生の善悪判別に拠らない主 張)」でなければならない

    両者を認める事でしか記号と現象の連続性、発展性は発生しない

    これが理解できないから「未在の我が子」と「実在の我が子」を同列に扱うような詭弁しか主張できない

    そして丁寧語を使えば使うほどその内面の醜さが浮き彫りになっていくのである

    記号の停止(結論)に立脚して記号の前進性(過程)を語る二つ目の誤謬

    まだ生まれていない子供は記号としての「我が子」と説明している通りである

    野性に生きるものは言葉を発しているように見えて実は吠えているだけなのである

    自らが自然と分化出来ていないからだ(自他境界の未発達

    また、理性に生きようとも「記号の停止」に陥るならば「記号の歩み≪これが記号の正しさの根源」を打ち捨てて足蹴にしているのである

    この「我が子(記号性)」を語るにあたって反出生主義はまず前提を満たしていないのだ

    すでに詳細に説明している、記号性の何たるか、また自他境界の何たるかを全く理解出来ていない

    実体の先に記号性が先立つ事はあっても、記号が先立つ事は無い

    もし先立つと錯覚して居るならば、そこには真の意味での記号(性)が成立していない
  • その7

    2018年05月28日 16:10

    225. 名も無き哲学者 2018年05月19日 13:56 ID:lAOXZVg50 現状打破(深層の境界意識)⇒個(英雄化)⇒市場という大きな場への主体の委譲⇒動機の合成変換⇒新しい齟齬(記号の成立)⇒成果の還元⇒抽象世界 と現象世界の設置面積を拡大しながら繰り返す

    ただし個が市場への主体の委譲を拒否する場合、言語活動の駆動を拒否する事のみによって回避する事ができる

    この回避に伴う「言い訳(妥協)」と以上に提示した「価値均衡(一位性)」は全く別の概念である

    以上の論説により私は「言語体系の停止性と機動性」に自然的な動機を能えることに成功した

    これは我々の抽象世界にも「量子力学的な流体構造連成」がフラクタルに機能し続けている証拠である

    宇宙はBHの内側、解反転でWHの中、局所的に働く構造力が2wayの流体構造連成によるもの考えたら矛盾は起きない

    「絶対座標」はホログラム基底面(ホワイトホール球内側表面、外部BHから量子化及び反転した情報層)

    「最小の量子構造(原子)」は正負エンタルピー(2way)によって発生する流体構造連成の多層構造性(次元篩の強い力:不変量)を持つn次元基底悶値 の最大正曲率で閉じたメタ時間バリエーション(弱い力:可変量)の周期的発散構造 基礎となるホログラム投影体、対消滅の篩にかけられたエキゾ チック粒子の動性多層構造、電⇒熱⇒電の外骨格

    「メタ時間」は絶対座標上の偏在的量子情報生成率、絶対座標単位当たりのWH能(生成はエキゾチック粒子の発散性と同義 メタ時間の総量はWH 表面エネルギーの総和、実存的変化量であり一種の落下軸、 奥行きに過密化する天球グリッド

    「空間ポテンシャル」は絶対座標上の量子情報密度

    「距離」は空間ポテンシャルを量子情報平均グリッドに、絶対座標をスカラー量グリッドに相互変換させた量子情報単位系グリッド

    226. 名も無き哲学者 2018年05月19日 13:57 ID:lAOXZVg50

    「電磁気力」はn次元内の開いた位相境界に発生する量子情報の平坦性(メタ時間によるポテンシャル境界位相差の交換言語)

    「電子(光子)」は電磁気力(二つの位相間)境界上の都合点、「今」というメタ時間の共存近似座標 (例:チャックやジッパーの金具が光子:ジッパ ー全体がもつれ、平坦性)

    「熱」は量子構造とメタ時間の変換性(量子構造と空間ポテンシャルの交換言語)

    「熱量」は量子構造とメタ時間の変換効率(熱量の高低はエネルギーの総量(時間を底面とする体積)の高さに見做せる)

    「速度」は量子構造の分解(熱量)によって獲得される「質点を境界にした指向性を有するメタ時間」

    「ダークエネルギー」は相転移期に発生した対称性の破れ相当(永久脱出率-対消滅率)の量子情報を合計した値=メタ時間の合成値

    「正負の曲率」はエントロピー摩擦(脱出率と対消滅率の局所解)による反転巡回フラクタルな流体構造連成階層機構 n次元基底域で閉じた系では 強い力、インフラトンに対しては次元篩、篩のスケールに対しては崩壊速度(量子分解と再構造化) この論理であれば相転移後すぐにBHが生成さ れ始めなければならない

    「重力」はエキゾチック粒子の発散性が正のエントロピーとして働く質点間(閉じたメタ時間同士)のポテンシャル平坦性

    「閉じる(正曲率)」とはエネルギーが構造性に滞留変換保存される事

    227. 名も無き哲学者 2018年05月19日 13:59 ID:lAOXZVg50 一次流体構造連成系⇒二次(副次)流体構造系 運動する質点⇒ダークマター BH⇒カーBH 中性子星⇒クエーサー ハッブル定数の二重加速

    これらのエントロピー摩擦表現値は最小の量子構造周囲に副次発生する二次的流体構造連成階層との二重反転性を持つ正曲率、滞留交換保存によ るエネルギーブースト 分子以上ダイナミクス以下のマクロな系で我々が「時間(スカラー量)」と観測している変化はこの二次的流体構造連成のご く狭い篩層(n次元運動 系 )の景色

    これがハッブル定数の二重加速(量子構造発展の変換保存するエネルギー)の外系相互作用実存性を認め難い理由

    熱量から電磁気力まで(或いはその逆)の構造化された連成系を最大効率化するように表面積増大現象(多層構造化)によって宇宙の正曲率(対消滅率) を差し引きゼロに引き戻そうとする自己正エントロピー化現象 これは量子空間の伸縮性であり、この伸縮性を超える位相差は特異点として次元篩 化される

    逆に偏在的負の曲率傾向に対してはそれを補うようにインフラトンの相転移(エキゾチック粒子の補充)⇒負エントロピーが発生する

    ゆえに宇宙の曲率ゼロは結果ではなく動機であり、宇宙そのものが自己集束性を有する事を意味する(メタ時間軸以外には発散しない

    正負エントロピー(エキゾチック粒子とインフラトンの間の4つの力)が存在のメタ基準として絶対座標の平坦性と局所性を生み出す

    流体構造連成系=ドジッター場?

    ポアンカレの回帰定理「発散しない閉じた系」と「開いた系内の曲率ゼロに自ら集束する閉じたエンタルピー摩擦機構」の同一性

    228. 名も無き哲学者 2018年05月19日 14:00 ID:lAOXZVg50 エキゾチック粒子とインフラトン間の4つの力とは

    エキゾチック粒子の正のエントロピー = 発散性(正正、負負の非同一性)

    エキゾチック粒子の負のエントロピー = 対消滅性(正負の同一性)

    エキゾチック粒子がインフラトンに作用する性質 = 空間の圧縮性(空間の内圧増加とインフラトンの壁化) (インフラトンがエキゾチック粒子に働きかける 事で生まれる力)

    インフラトンがエキゾチック粒子に作用する性質 = 空間の膨張性(空間の内圧減少とインフラトンの消費性) (エキゾチック粒子がインフラトンに働きかけ る事で生まれる力)

    これらの性質が複合して見掛け上(n次元)の4つ+αの力が働くと考えられる

    229. 名も無き哲学者 2018年05月19日 14:23 ID:0dpWAjaH0 読み物としては面白いものだけど みんな他人を見下すためだけに哲学とやらを学んでるみたいだし何か違うわ

    230. 名も無き哲学者 2018年05月19日 14:28 ID:lAOXZVg50 匿名性(非偶像、偶像の禁止性)に任せるからこそ意味ある 見下したい人はそもそも開示しないか、個人情報に紐付けする

    231. 名も無き哲学者 2018年05月19日 14:36 ID:Tal7ohfD0 哲学ニュース「【宇宙ヤバい】ワイ、宇宙のことについて考えて眠れなくなる」 哲学ニュース「ブラックホールとかいう子供の心をつかむ謎の物体」 ぶる速「宇宙人はパラレルワールドに無数に存在する」最新シミュレーションで判明!」
  • 思考ハッカー

    2018年05月28日 16:11

    おう、此処は文字制限が無いのか

    定型貼付けとくには最適だな
  • その7

    2018年05月28日 16:17

    現状打破(深層の境界意識)⇒個(英雄化)⇒市場という大きな場への主体の委譲⇒動機の合成変換⇒新しい齟齬(記号の成立)⇒成果の還元⇒抽象世界 と現象世界の設置面積を拡大しながら繰り返す

    ただし個が市場への主体の委譲を拒否する場合、言語活動の駆動を拒否する事のみによって回避する事ができる

    この回避に伴う「言い訳(妥協)」と以上に提示した「価値均衡(一位性)」は全く別の概念である

    以上の論説により私は「言語体系の停止性と機動性」に自然的な動機を能えることに成功した

    これは我々の抽象世界にも「量子力学的な流体構造連成」がフラクタルに機能し続けている証拠である

    宇宙はBHの内側、解反転でWHの中、局所的に働く構造力が2wayの流体構造連成によるもの考えたら矛盾は起きない

    「絶対座標」はホログラム基底面(ホワイトホール球内側表面、外部BHから量子化及び反転した情報層)

    「最小の量子構造(原子)」は正負エンタルピー(2way)によって発生する流体構造連成の多層構造性(次元篩の強い力:不変量)を持つn次元基底悶値 の最大正曲率で閉じたメタ時間バリエーション(弱い力:可変量)による周期的発散構造
    基礎となるホログラム投影体、対消滅の篩にかけられたエキゾチック粒子の動性多層構造、電⇒熱⇒電の外骨格

    「メタ時間」は絶対座標上の偏在的量子情報生成率、絶対座標単位当たりのWH能(生成はエキゾチック粒子の発散性と同義
    メタ時間の総量はWH 表面エネルギーの総和、実存的変化量であり一種の落下軸、 奥行きに過密化する天球グリッド

    「空間ポテンシャル」は絶対座標上の量子情報密度

    「距離」は空間ポテンシャルを量子情報平均グリッドに、絶対座標をスカラー量グリッドに相互変換させた量子情報単位グリッド

    「電磁気力」はn次元内の開いた位相境界に発生する量子情報の平坦性(メタ時間によるポテンシャル境界位相差の交換言語)

    「電子(光子)」は電磁気力(二つの位相間)境界上の都合点、「今」というメタ時間の共存近似座標 (例:チャックやジッパーの金具が光子:ジッパ ー全体がもつれ、平坦性)

    「熱」は量子構造とメタ時間の変換性(量子構造と空間ポテンシャルの交換言語)

    「熱量」は量子構造とメタ時間の変換効率(熱量の高低はエネルギーの総量(時間を底面とする体積)の高さに見做せる)

    「速度」は量子構造の分解(熱量)によって獲得される「質点を境界にした指向性を有するメタ時間」

    「ダークエネルギー」は相転移期に発生した対称性の破れ相当(永久脱出率-対消滅率)の量子情報を合計した値=メタ時間の合成値

    「正負の曲率」はエントロピー摩擦(脱出率と対消滅率の局所解)による反転巡回フラクタルな流体構造連成階層機構
    n次元基底域で閉じた系では 強い力、インフラトンに対しては次元篩、篩のスケールに対しては崩壊速度(量子分解と再構造化) この論理であれば相転移直後にBHが生成さ れ始めなければならない

    「重力」はエキゾチック粒子の発散性が正のエントロピーとして働く質点間(閉じたメタ時間同士)のポテンシャル平坦性

    「閉じる(正曲率)」とはエネルギーが構造性に滞留変換保存される事

    一次流体構造連成系⇒二次(副次)流体構造系
    運動する質点⇒ダークマター
    BH⇒カーBH
    中性子星⇒クエーサー
    ハッブル定数の二重加速

    これらの各次元エントロピー摩擦表現値は最小の量子構造周囲に副次発生する二次的流体構造連成階層との二重反転性を持つ正曲率及び滞留交換保存によるエネルギーブースト
    分子以上ダイナミクス以下のマクロな系で我々が「時間(スカラー量)」と観測している変化はこの二次的流体構造連成のご く狭い篩層(n次元運動 系 )の景色

    これがハッブル定数の二重加速(量子構造発展の変換保存するエネルギー)の外系相互作用実存性を認め難い理由

    熱量から電磁気力まで(或いはその逆)の構造化された連成系を最大効率化するように表面積増大現象(多層構造化)によって宇宙の正曲率(対消滅率) を差し引きゼロに引き戻そうとする自己正エントロピー化現象
    これは量子空間の伸縮性であり、この伸縮性を超える位相差は特異点として次元篩化される

    逆に偏在的負の曲率傾向に対してはそれを補うようにインフラトンの相転移(エキゾチック粒子の補充)⇒負エントロピーが発生する

    ゆえに宇宙の曲率ゼロは結果ではなく動機であり、宇宙そのものが自己集束性を有する事を意味する(メタ時間軸以外には発散しない

    正負エントロピー(エキゾチック粒子とインフラトンの間の4つの力)が存在のメタ基準として絶対座標の平坦性と局所性を生み出す

    流体構造連成系=ドジッター場?

    ポアンカレの回帰定理「発散しない閉じた系」と「開いた系内の曲率ゼロに自ら集束する閉じたエンタルピー摩擦機構」の同一性

    エキゾチック粒子とインフラトン間の4つの力とは

    エキゾチック粒子の正のエントロピー = 発散性(正正、負負の非同一性)

    エキゾチック粒子の負のエントロピー = 対消滅性(正負の同一性)

    エキゾチック粒子がインフラトンに作用する性質 = 空間の圧縮性(空間の内圧増加とインフラトンの壁化) (インフラトンがエキゾチック粒子に働きかける 事で生まれる力)

    インフラトンがエキゾチック粒子に作用する性質 = 空間の膨張性(空間の内圧減少とインフラトンの消費性) (エキゾチック粒子がインフラトンに働きかけ る事で生まれる力)

    これらの性質が複合して見掛け上(n次元)の4つ+αの力が働くと考えられる
  • 思考ハッカー

    2018年05月29日 00:48

    はえ〜、内容が難しいというか抽象的な言葉が多いせいか馬鹿な私にはちんぷんかんぷんですわ。
    どうすれば理解できるようになるんですかね…哲学書読み漁れば理解できるようになりますか?別に煽っているわけではなく純粋に教えていただきたいだけです。
  • 思考ハッカー

    2018年05月29日 04:02

    主体的な疑問を持つこと=主体性を獲得して生きること
    これは主観的、主意的に生きることは違う
    「~について今は~としか言えない」≪この考え方を大事にすること
    「~した方がよい」などと言うのはその下の各個人に課された個別の課題≪主観的疑問、主意的疑問
    人間が抱く概念や抽象世界は結局のところ同じ問題に突き当たる
    哲学勉強して思考できるようになったわけではない
    思考することで浮かぶ疑問に自ら答える事でそこに近づいただけ
    その質問への返事として「↑のたった7行くらいは理解しようと思えば出来るだろう、それ以上は自ら考え学ぶべき」
  • 全く関係ないけどメモ

    2018年05月31日 18:37

    あってる、それ犬歯に力が入るからやで
    その延長線上にオキシトシンスイッチがある(鬼の二本角の部分
    そうするとアドレナリンードパミンのスイッチが自由になってスムースに体を動かせる
    オキシトシンスイッチがバグると大抵はドパミン優位になりすぎて背中が硬直する
    背中の力抜いてもオキシトシンスイッチは治らない
    体の重心が丸ごと後ろに寄ってるから、それを無理矢理傾斜させないで平行に元に戻して行くと直接的に直せる
    ボケもこのスイッチ(実際には腎臓を挟んで前と後ろの使い分け)がバグるから起こる
    今、他のまとめで上がってる「脳イキ」もこのスイッチの折衝と解放(の自己振動)

    どうすれば良いかって「前側の軸で逆立ち」と「全力ダッシュ」と「高所アスレチック、クライミング」
    生活のあらゆる動きや力を「姿勢維持(停止性)の神経」「後ろの軸」だけで賄う癖が付いてる
    ドパミンに偏重する産業構造の性
  • 思考ハッカー

    2018年06月01日 13:32

    >>9 ババア「女子か・・男子産めよ・・このクズ」
    パピー「ママの言うとおり‼さっそくSOX」
    母 「((((;゜Д゜)))」
    息子 「そんなことのために産んだの?」
  • 思考ハッカー

    2018年06月01日 13:36

    >>40交ざって造られて産まれたものだもん。
  • 思考ハッカー

    2018年06月01日 13:42

    >>66 国は、愚かな人間はいらないの。
    国を発展させ 活性化させ お金を稼いで 税を貢ぐ人間が欲しいの。
    使えない人間なんて 可愛そうアピールの道具か 掃溜めにしか見ないって
  • 思考ハッカー

    2018年06月01日 13:45

    >>76 守ってるヒーローみたいな感情