0

フローレス原人は現代の島民の祖先か?インドネシアの小さな島民のDNAを分析 最新研究

0.jpg
1: しじみ ★ 2018/08/06(月) 21:33:54.85 ID:CAP_USER

■インドネシアの小さな島民のDNAを分析、謎の原人とのつながりを調べた

 インドネシアのフローレス島で見つかった、身長1メートル強の謎の人類「フローレス原人」。島に現在暮らしている背の低い村人たちの集団は、果たしてこの謎の人類の末裔なのだろうか。その謎に挑んだ研究成果が、8月3日付け学術誌「サイエンス」に発表された。

 フローレス島のリアンブア洞窟で初期人類の女性の化石が発掘されたのは2003年のこと。背が低いことから当初は子どもの骨と考えられたが、実は成人だった。その小型の人類はまもなく新種と判明し、フローレス原人(ホモ・フロレシエンシス)と命名された。

 その後、フローレス原人を人類の系図のどこに位置づけるかをめぐっては、激しい論争が繰り広げられてきた。今回の論文は、著者のリチャード・E・グリーン氏いわく「ホビット(フローレス原人の愛称)という大いなる謎」の最新の1章だ。

 米カリフォルニア大学サンタクルーズ校の計算生物学者であるグリーン氏は、国際研究チームとともに、リアンブア洞窟に近いランパササ(Rampasasa)村の住民のDNAを調べた。この村の住民はおおむね身長が低い。調査の目的は、彼らのような現代の低身長の集団の中にフローレス原人のDNAが生きながらえているかどうかを知ることにあった。

「結論から言うと、答えはノーでした」とグリーン氏。「一生懸命探しましたが、その証拠はまったく見つかりませんでした」。どうやらフローレス島の人類では、低身長になっていく進化的適応が、数万年の歳月を隔てて少なくとも2回起きたようだ。

■「着眼点が非常に興味深かった」

 研究者たちは少しずつフローレス原人の物語を組み立ててきた。彼らはおそらく、今から100万年前にこの地域に生息していたホモ・エレクトスの子孫だ。フローレス原人がフローレス島に住んでいた時期は厳密にはわかっていないが、洞窟付近で発見された顎の骨と歯から考えると、この島の人類の一部は70万年前には小型化していたようだ。フローレス原人の化石は10万~6万年前のものとされていて、島で見つかった彼らの石器は、分析の結果、19万年~5万年前のものとされている。

 一部の研究者は、フローレス原人は新種ではなく、その小ささはダウン症や小人症によって説明できると主張している。2011年に発表された論文では、フローレス原人と現代のランパササ村で暮らすピグミーの顔面の比率が非常に近いと指摘、フローレス原人は小頭症に伴う成長不全として説明できると主張していた。グリーン氏はこの説には反対するが、「着眼点が非常に興味深かった。私が見ても、偶然とは思えませんでした」と言う。そして、この論文が今回の研究のきっかけになった。

 グリーン氏は当時、ネアンデルタール人のゲノムの配列を調べたところだった。彼のチームはこの研究の一環として、現生人類の遺伝子にネアンデルタール人の遺伝子がわずかに含まれていることを発見した。「機会さえあれば、あらゆるものがあらゆるものに混入するのかもしれません」。グリーン氏はフローレス原人についても同じことが言えるかもしれないと考えた。

 そこでグリーン氏は、欧州、オーストラリア、インドネシアの研究者からなるチームとともに、現代の島民のゲノムを分析し、その祖先がフローレス原人と交雑したことがあるかどうかを調べることにした。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/080300214/




25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/08(水) 01:15:40.60 ID:+gBr0+CI

>>1の続き
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/080300214/?P=2

2人の通訳、32の唾液サンプル
今回の論文の著者である米プリンストン大学のセレナ・トゥッチ氏によると、ランパササ村の人々は、
フローレス原人の発見以来(もしかするとそれ以前から)、自分たちの祖先は大聖堂のような
リアンブア洞窟とつながりがあると信じているという。
彼らは、洞窟で発見された古代の人類は自分たちの祖先だと信じ、しばしば食物や花を洞窟に供えている。

研究チームは、島民たちのサンプルを採集する前に、研究の目的と採集プロセスについて詳しく説明した。
説明には通訳が2人必要だった。
1人の通訳が英語をインドネシア語に通訳し、もう1人がインドネシア語を地元のマンガライ語に通訳するのだ。
ランパササ村の人々は皆、分析に参加したがった。
「彼らは自分たちの歴史を知りたがっていました」
(参考記事:「漂海民バジャウ、驚異の潜水能力を「進化」で獲得」)
サンプルを採集するため、研究チームはボランティアの中から32人の成人をランダムに選び、試験管に唾液を入れてもらった。
そしてこの32人中10人の全ゲノムを分析して、東アジア、マレーシア、インドネシア、パプアニューギニアなどの
225の集団の2500人以上のDNAの分析結果と比較した。

いまのところ、フローレス原人の化石骨からDNAを抽出できていないため、
研究チームは古代と現代のDNAを直接比較できなかった。
そこで彼らは少し違った観点からその痕跡を探した。
「現生人類のものとしては説明できないような遺伝子を探したのです」とグリーン氏は言う。
「しかし、フローレス原人に由来すると思われる遺伝子は見つかりませんでした」
DNAの分析の結果、ランパササ村の人々の祖先は主にパプアニューギニア、ソロモン諸島、
ビスマルク諸島などから来ていたことが示された。
また、比較的最近になって東アジアから来た人々に由来する遺伝子もあった。
DNAからはさらに、微量のネアンデルタール人の遺伝子や約0.8%のデニソワ人の遺伝子など、古い人類の遺伝子も見つかった。
しかし、フローレス原人など、それ以外の古いヒト族に由来すると思われる遺伝子は見つからなかった。
(参考記事:「人類3種が数万年も共存、デニソワ人研究で判明」)
「発見できれば本当に嬉しかったのですが、残念ながら見つかりませんでした」とグリーン氏は言う。


27: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/08(水) 05:47:55.79 ID:EB4iVa6N

>>25
島民が、原人を敬うのは、ちと感動する


2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 21:57:20.19 ID:J/kyDWhY

風呂ーレス



3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 21:57:32.42 ID:GjKn0Qbs

フローレス聖子


5: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 22:27:35.77 ID:kUrE1Lw/

コロボックル


6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 22:39:33.50 ID:ABo+CV3X

フローレンよりノンノンの方が馴染みあるよね


7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 22:49:26.29 ID:zwP/tsaQ

潮風を 頬に受け 裸足で駆けてく ♪



8: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 23:12:36.08 ID:buXw71E4

>>7

それはフローネ
信長に謁見して、あることないこと書き散らした・・・


9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 23:21:24.52 ID:ABo+CV3X

あんたはフローレスゆえに危うくもあるんだわね



10: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 23:28:31.95 ID:iAiUVbjV

フローレス→ネプチューン


11: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 23:37:53.11 ID:Km4N7+ka

青い瞳の聖ライフ



12: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/06(月) 23:41:48.35 ID:yZQ27wzB

馬鹿らしい、年代が離れてるだろ


15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/07(火) 08:20:03.43 ID:uzVoXFBO

>>12
離れてないよ
これ学者さん的には原人と新人は交配できたか、交配したか、てことなんだと思うよ


26: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/08(水) 01:16:05.65 ID:+gBr0+CI

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/080300214/?P=3

何が起きたのか?
米デューク大学の集団遺伝学者エイミー・ゴールドバーグ氏は、
「遺伝子の混入はあらゆるところで見られます。別々の種と考えられていた集団の間にさえ見られるのです」
と言い、今回の研究は、現代ゲノム学の時代に、そうした交雑の証拠を見つけられなかった最初の事例の1つであると指摘する。
彼女は今回の新しい分析が徹底的に行われていることを賞賛しつつ、
実際にはフローレス原人の痕跡があるのだが今日の手法では検出できていない可能性もあると指摘する。
しかし、小型化が2回にわたって起きた可能性も大いにあると言う。

 トゥッチ氏は、「島では多くの奇妙なことが起こります」と説明する。
大陸と島では入手できる食物の量も違うし、捕食者の種類がまったく違っていたり、
全然いなかったりすることもあるため、生物がまったく違った育ち方をすることがある。
島の生物の多くは小型化する。「島嶼化(とうしょか)」と呼ばれる現象だ。
マダガスカルの小型のカバや、かつてフローレス島で暮らしていた小型のゾウの仲間は、その例と考えられる。
一方、フローレス島のネズミのように巨大化する動物もいる。
このネズミは今でもフローレス島にいて、トゥッチ氏によると「うちのネコくらいの大きさ」だという。
(参考記事:「世界最小の爬虫類、新種ミニカメレオン」)

オーストラリア、ウーロンゴン大学のゲリット・ファン・デン・ベルフ氏は、小型化の原因についてここで結論を出すべきではないと言う。
ランパササ村の人々に島嶼化が起きたかどうかはわからないからだ。
彼らは農業をするので、食料の不足(一般に島嶼化の原因とされている)が自然選択に重要な役割を及ぼしているとは考えにくい。
米ブラウン大学のヒト集団遺伝学者ソーヒニ・ラマチャンドラン氏は、第三者の立場から、
「この研究は、身長が複雑な要因によって決まることを示していると思います」と言い、
このような低身長が進化してきた理由はまだわからないと補足する。
「これらのサンプルをほかの研究に組み込んで身長の遺伝学を解明するためには、さらなる研究が必要です」
(参考記事:「“ピグミー”の身体的特徴は遺伝子由来」)

研究チームは今、研究の結果をランパササ村の人々に伝えようと努力している。
トゥッチ氏は、「結果を知らせることは、今回の研究の大事な役割の一つです」と言い、
インドネシア人のイラストレーターと協力して、村人に説明するためのわかりやすい絵を製作中だ。
やるべきことはまだまだある。彼らの研究は、疑問に答える以上に新たな疑問を投げかけたように見えるが、
謎の多いフローレス原人の生と死について非常に興味深いヒントをくれた。
(参考記事:「フローレス原人を絶滅させたのは現生人類だった?」)
グリーン氏は言う。「彼らはどんな人々だったのでしょう? 大きな謎が残っています」
文=Maya Wei-Haas/訳=三枝小夜子


16: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/07(火) 08:25:27.10 ID:g7Xh8Dm8

エブゴゴ



18: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/07(火) 12:07:27.60 ID:B968+RDk

島に隔離されると動物は矮小化するからじゃね


20: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/07(火) 12:19:00.52 ID:iMge29Sf

「フローレンス メリークリスマス!!」


21: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/07(火) 13:50:36.87 ID:D4OBYYZD

ジョイナー!


22: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/07(火) 15:48:16.98 ID:gQJMEfJP

はたして、こんな大きな猿人もいたんだろうか?
https://www.youtube.com/watch?v=fBhr-cZXTGk#t=2m35s


>(画像の男性)Mr,マクラーレンの身長は
> 6フィート5インチ(195センチ)あったが
>彼女はそれより、もうちょっと背が高いようだ。



23: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/07(火) 19:52:34.51 ID:HBe02MbY

ゾウは小さく
ヒトも小さく

しかしハゲコウは大きく
オオトカゲは大きく
ネズミも大きく
クワガタも大きく


24: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/07(火) 23:05:45.28 ID:5tAMpNDl

> 「結論から言うと、答えはノーでした」

えええ!?
マジか……てっきり交雑したんだと思ってたよ……
島々を渡り歩くのに体が小さい方が有利だった、とかかねえ


17: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/07(火) 11:35:31.89 ID:8DDqkLGW

原人からサピエンスにはならんだろww


19: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/08/07(火) 12:12:08.79 ID:EUgqpj0b

>>17
いや、お前だって原人の血が一滴も流れてないとは言えないぞ
ネアンが流れてるのが分かったのも比較できたからだからな
もし状態のいい原人遺伝子が見つかればそうならないという保証はない





元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1533558834/