0

たった「魚雷1発」で撃沈してしまった重装甲空母「大鳳」、原因はやっぱりアレだった・・・・

tai00.JPG
1: しじみ ★ 2019/05/04(土) 23:03:24.78 ID:CAP_USER

太平洋戦争期、旧日本海軍が竣工させた重装甲空母「大鳳」は、初陣にて、たった1発の魚雷がもとで沈んでしまいました。装甲は魚雷に耐えたにもかかわらず、艦内でなにが起きていたのでしょうか。「大鳳」の一部始終を追います。

■脆弱な空母を重装甲化したら…?

 空母は航空機を飛ばすのが任務ですが、そのためには航空機用燃料のガソリンやこれに搭載する爆弾なども必要です。つまり空母は、艦内に大量の「危険物」を抱え込んでいるのです。

 ところが、太平洋戦争以前の空母黎明期、航空機の航続距離は戦艦や巡洋艦の大砲の射程距離よりずっと長いので、空母そのものが最前線に出ることはあまり想定されず、充分な防御装甲は施されないのが普通でした。攻撃するリーチは長いものの、いざ攻撃を受けると脆弱な存在だったのです。

空機を運用できる巨大な攻撃力をもっていますが、やはり脆弱であることには変わりなく、護衛艦、潜水艦など多数の艦艇や航空機を配してガッチリガードされています。ミサイル防衛にも使われるイージス艦は、もともと空母護衛用に造られた艦です。

 旧日本海軍においても、飛行甲板に爆弾を1発でも受けると航空機が発着できなくなり、甲板を貫通されると致命傷になりかねない空母の脆弱性は、太平洋戦争の開戦前から認識されていました。そうしたなか、1939(昭和14)年に策定された「第4次海軍軍備充実計画」、通称「マル4計画」において、排水量2万7000トン級、防御力を大幅に強化し、飛行甲板は800kg爆弾に耐え、機関室や弾薬庫は巡洋艦の主砲弾に耐える装甲が施された「重装甲空母」が計画されました。

 これがのちの空母「大鳳(たいほう)」です。

■期待の重装甲空母、しかも美麗!

計画段階では前述のような検討がなされていた「大鳳」でしたが、設計段階において、要求仕様を満たそうとすると計画を大幅に上回る排水量4万トン以上になって、建造費用や期間も超過することが明らかになり、ややスペックダウンし3万トン級ということで建造が決定しました。

装甲は飛行甲板全部に施されたわけではなく、飛行甲板の前部と後部エレベーターのあいだの長さ150m、幅は中央部の航空機格納庫天井の20mぶんとされました。装甲は20mm高張力鋼の上に75mmのCNC(装甲用の鋼材のひとつ)装甲板を重ねた構造で、高度700mからの500kg爆弾を用いた急降下爆撃にも耐えられるとされました。

 また爆弾だけでなく、魚雷にも耐えられる工夫を行ないます。艦底の主要部を3重底にするとともに、重油タンクと空気層および装甲を組み合わせた5枚4層防御構造が導入され、TNT換算で300kg(400kg説もあり)弾頭炸薬の魚雷に耐えられるものとされました。

 もっとも、アメリカ海軍が使用していた急降下爆撃機の爆弾は545kg(1200ポンド)、MK13航空魚雷は400kgとなっており、中途半端感はぬぐえません。

 飛行甲板が装甲化され艦の重心が高くなったため、格納庫を一層減らし、飛行甲板の高さを海面から約12mに抑えました。これは「大鳳」よりも小さい「飛龍」と同レベルでした。飛行甲板が波に突っ込むことを想定し、また気流の整流を計るため風洞実験も行って、日本海軍では初めて飛行甲板と艦首が一体化した「エンクローズドバウ」という形式を採用しました。艦の全長は260.6mとなり、空母「信濃」「赤城」に次ぐ巨大さながら高さは低く抑えられ、特徴的な艦首形状もあいまって、なかなかの見目麗しさです。

 重装甲を見込まれて、ほかの空母の艦載機への補給用のガソリン、弾薬を搭載することも予定され、航空燃料は1000t(翔鶴型では496t)、爆弾は800kgが72発、500kg爆弾72発、250kgが288発、60kgが144発、91式航空魚雷改は48本搭載できましたが、これは「信濃」に次ぐ積載量の多さでした。この大量の「危険物」が「大鳳」の運命を決めることになります。

2.jpg
3.jpg
4.jpg

乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/85830
リンク先へ続く)




4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 23:13:09.13 ID:99dfVEKY

馬鹿の極み


7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 23:19:25.43 ID:SMxHy64q

大鳳の戦訓をもとに気化ガス対策を取り入れた改良型の鳳飛が計画されたんだよな。


8: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 23:24:09.34 ID:EsDdfnGX

>攻撃隊が帰還し始め、着艦作業も同時進行せざるを得なくなります。

この時点では、他の空母も健在だったんだから
収容は他空母にまかせてダメージ回復に集中しないと。



10: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 23:27:32.68 ID:66x7sh6E

s60年頃のいいともにウドの親戚ということでウドのお爺さんが出演した
お爺さん「大鳳に乗っていたがボカ沈食らった」と若い頃のエピソードを一言
tvの前で“えーっ!凄い!もっと聞きたい!”と思ったが
タモリも演者もさっさとスルー
ほんの数秒の出演、発言だった


53: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 08:48:52.14 ID:DjNbK/6A

>>10
ウドのお爺さんということは山形県の方だよね
(ウドは山形県出身)
大鳳に乗っていたのは山形県のかたが多かったのだろうか


56: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 09:16:52.25 ID:hTPQn4gC

>>10の書き込みが気になったんだが
S60ってことは昭和60年?
そのころウド鈴木ってまだ芸人やって無かっただろ・・・


12: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/04(土) 23:31:57.03 ID:4DB9iIbd

多分、設計時には問題は発覚してたと思うぞ。
単純な話やし。
その報告を無視して建造する海軍の体質そのものが原因やわ。
その軍の政治的メカニズム低コストで変えられるはずなのに、
それが出来ない。
今でも通じるものがあるのでは無いか?



49: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 07:45:58.38 ID:tLE5kei0

>>12
今に通じるって
MRJ
整備新幹線
年金
財政赤字
原発
みんなそうだよね。

失敗する可能性のあるものは必ず失敗する、ということはみんな分かっているのに、そのまま突き進んでしまう。


51: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 07:55:06.25 ID:XJKxFZOo

>>49
"Anything that can go wrong will go wrong".ってか
部屋に閉じこもって何もせずにいられればそれに越したことはないな



54: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 08:49:20.46 ID:xRiMYunI

>>51
失敗は失敗だ
忖度しあって現場が盛り上がって、それで結果がこれでは


17: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 00:20:39.53 ID:OBBpfg9V

まあ潜水艦近づけたのがそもそもの失敗の始まり

大戦略でも基本潜水艦で刺すかアイオワのトマホークで吹っ飛ばす



19: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 00:31:48.83 ID:t4/JFKyQ

>要求仕様を満たそうとすると計画を大幅に上回る排水量4万トン以上になって、建造費用や期間も超過することが明らかになり、
>ややスペックダウンし3万トン級ということで建造

これが答えの全てだろ。
4万トンの排水量が必要な構造を、
1万トンケチってんだからペラペラ。要はライオンズマンションだよ。


25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 01:08:41.46 ID:C8G3OECh

ニホンの造艦技術は本質的に防御面では落第であった。

大和の貧弱な外面鉄板の接合(溶接ができなかった)の貧弱さで魚雷攻撃に対する弱さがあった。
幸いアメリカの雷撃機は20ぐらいうちこんだので貧弱さが表に出なかった。

海底に横たわる大和は鉄板がめくれ上がら簡単に浸水したことがわかる。
昭和19年で降伏スべきであった。 それ以降は論理的戦術はなかった。

天皇陛下にこれだけ武器弾薬と燃料をかけてかてるかときかれて
戦争はときのウンと答える無責任さはアキれる。


31: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 01:59:27.74 ID:trQp8B7M

>>25
基本生産力旺盛な米国空母も数多い護衛空母など甲板は脆弱だったの
大鵬型以降みたいな甲板に対爆装甲が無かった。だから爆撃や砲撃
特攻機が突っ込むと甲板突き破って内部爆発で炎上で致命傷で大破た沈没

数がやや減る米国正式空母も途中まで甲板は脆弱で、日本機の急降下爆撃
や雷撃で沈んでますね。まあなんと言っても米軍は沈んでも生産力でカバーしたり
レーダーで誘導した護衛戦闘機軍を敵攻撃隊に効率よく向かわせる事や
艦隊対空砲火もVT信管マジックヒューズで効果があがったり、余裕ある熟成
パイロットの育成が間に合うと言った複合要因で日本軍の攻撃を退けると言うか
趨勢で勝つようになりました。ちなみに日本海軍の大鵬型や大和型のバイタルパートを
参考に造った利根型重巡など強固な作りでした

日本軍は対潜末期の圧倒的に不利な環境の中で最後まで連合国軍相手に
最後まで良く戦い善戦したと言えるでしょう。





40: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 05:06:57.99 ID:xMU59wQh

>>31
負けたら僅差も大差も同じ
善戦とかいう評価に意味はない



26: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 01:15:16.43 ID:Xh4vOh3F

空母は敵攻撃機を近づけてしまった時点で
終わっている。


27: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 01:24:33.15 ID:coEzX0ls

米空母のように舷側エレベーターが艦の中央部にあれば、シャッター開放で
格納庫の空気を換気排出出来て気化ガソリンを外部に逃がせたかも。
装甲甲板で舷側に開放部がなかったのが運が悪かった。
装甲甲板の信濃も横須賀から呉へ回航する途中、和歌山沖合で米潜水艦魚雷で
浸水、沈没してる。日本空母のダメージコントロールは、米国空母に劣っていたといえる。


30: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 01:45:44.19 ID:trQp8B7M

>>27
大鵬も気化したガソリンの引火爆発のリスクはレキシントン大爆発沈没
あたりで察知していたので換気も十分やっていたようですが、発艦した
飛行機が戻ってくる際、甲板甲板部のエレベーターまで開けて換気していたのが
一定時間閉ざさざるを得ず、その間に艦内の気化ガソリンガスの濃度が
調度点火爆発になる濃度に達し、管内いたるところにあったと思われる
小さな火種、小さな静電気の火花程度で引火し、艦内で内部炎上爆発となり
機関一発停止となり致命傷。その後沈没となったようです。


舷側の装甲や空母の弱点であった甲板に対爆装甲を施して英国のそれでは無かった
エレベーター上面まで装甲をしていた打たれ強い重装甲空母だけに惜しかったと言えたでしょう。
戦闘から帰る無事だった空母艦船はガソリンタンク周辺の空間を埋めたり
強化したようですが、空母決戦と言う事ではその後日本海軍はレイテ沖小沢艦隊
のおとり作戦などもう戦機も少なく燃料や熟練したパイロットと新型機との組み合わせ
も揃わなかったので、態勢には影響せずと言ったところだったようですね。


32: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 02:08:33.15 ID:jiekOfQ/

ガソリンタンクに問題はなかったが気化したガソリンが
格納庫に充満して爆発したという説は、福井静夫の妄想だろう。
タンクが破損して液体ガソリンが大量に漏れていたのは明らかで、
換気の強化だけでは対処できなかったはずだ。



33: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 02:22:23.46 ID:Sca3UTu/

大型機の烈風とか流星、彩雲を載せる予定だったから航空燃料を多く積めるようにしたのがマズかった


34: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 03:02:28.75 ID:TUDML6CO

なぜもなにもほかの戦艦でも空母でも当たり所悪けりゃ魚雷1発で沈むちゅーの
それどころか自分たちのミスで轟沈する例もたくさんある


35: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 03:17:03.29 ID:LvC2j/rC

米空母「フランクリン」は日本軍爆撃機1機が落とした2発の爆弾だけで
メチャクチャ大破で乗員700名以上死亡したね、沈没は何とか免れたが


36: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 03:49:11.02 ID:e/CMi2iM

あの戦争は戦略と兵器が噛み合ってなかったんじゃないのか
大和も含めて



37: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 03:55:03.57 ID:WP87GjwG

>>36
大西洋戦線は戦艦が活躍してた

太平洋戦線が未来行きすぎてたんだよ


42: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 05:41:17.53 ID:i6g4snY/

リモコンを装備した白鵬は
どんな近代兵器も一撃で破壊するよ
たとえ原爆でも、白鵬は無傷で破壊できる

白鵬最強


47: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 07:21:19.64 ID:3yk9hbyK

ダメコンの差が大きすぎなんだよな
ヨークタウンなんて何度も攻撃されてもなかなか沈まない
4万トンの加賀なんて爆弾2発
新鋭空母の大鳳は魚雷1発


61: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 10:48:05.49 ID:+0XzcnHH

>>47
すぐに自殺したがる兵士と最後まであきらめるなベストを尽くせって兵士に染み付いた
教育も違うしな



48: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 07:25:33.96 ID:3yk9hbyK

零戦は初期は強かったと言われるが、F4Fとの交換比はだいたい互角だった
空母のダメコンは圧倒的に負けてた

数で負けたと言われるが、ミッドウェー海戦のように
数で有利な状況でも勝ててなかった


52: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 08:47:47.00 ID:lzSBIB09

>>48
F4Fワイルドキャットは千馬力クラスではゼロ戦に次ぐ傑作機だし
それをアメリカ軍の中でもエリート中のエリートの母艦搭乗員
が操縦してるんだから弱いわけがない。


55: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 09:02:05.10 ID:7w8psTmo

>>52
スピットファイア「・・・・・」
Bf109「・・・・・」
隼「・・・・・」


50: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 07:52:32.18 ID:nNc4Z7S1

珊瑚海でレキシントンも漏れたガソリンが大爆発で沈んでる
日本だけじゃないよ
レシプロのガソリンエンジン使ってた時代の宿命



60: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 10:45:24.45 ID:+0XzcnHH

日本製はこのころはカタログスペックの2分の1の性能が常識だからなぁ


44: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/05(日) 07:10:36.71 ID:J2JBPAPi

灯油ならまた状況が違ってたかもわからんのだな。ちょっとのことなのに結果は大きく変わるんだな。




元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1556978604/