1

【驚愕】NASA、状況に合わせて変化する「変形飛行機」を開発!!リアルマクロスの時代が来るか・・・

1.jpg
1: しじみ ★ 2019/05/07(火) 05:41:38.00 ID:CAP_USER

<まるでアニメの変身ロボ――飛行状況に合わせて最適な形状に変化する翼をNASAとMITが開発>

NASAとマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者は、多数の小さな「サブユニット」で構成される新タイプの飛行機の翼を開発。学術誌スマート・マテリアルズ・アンド・ストラクチャーズで発表した。

この翼は製造工程に大きな柔軟性をもたらすもので、将来的に航空機製造の生産性向上が期待できると、研究者は言う。

「主な目標は『ボクセル』という材料ブロックを使い、製造工程をデジタル化することだ。ボクセルはより大きな構成部品に組み立てることができる。構成部品の機能は細かく設定することが可能で、高度な機能を低コストで実現できる」と、MITの大学院生ベンジャミン・ジャネットは言う。「このプロセスには可逆性がある。つまり完成後の手直しや部品の形状変更が可能であり、目的に合わせて自由に調整できる」

通常、翼は補助翼のような可動部を使って飛行機の機体を制御する。しかし、この新しい翼はその形状を飛行中に変えることができる。剛性を持つ部品と柔軟性を持つ部品を組み合わせることで、翼全体またはその一部を曲げられるようになっているからだ。

研究者は同一の形状を持つ小さなサブユニット(ボクセル)を組み合わせて格子構造をつくり、それを薄いポリマー素材で覆った。そのため翼の内部は大部分が空洞で、剛性を保ちながら低密度を実現している。この格子の剛性度はゴムと同等だが、密度は1000分の1程度だ。

■エネルギー効率を改善

翼が変形可能になれば、離陸、巡航、着陸の各段階に適した形状に変化させることができる。研究者によると、これによって従来の翼よりずっと軽く、燃費性能が高い設計が可能になる。「異なる角度の空力の負荷に翼の形状を適応させることで、エネルギー効率を改善できる」と、論文の筆頭執筆者であるNASAエームズ研究センター(カリフォルニア州)のニコラス・クレーマーは述べている。

現行の翼は研究者の手作りで、長さ約5メートル程度の小さなものだ。複数の自律型ロボットを組み合わせれば容易に翼の組み立てが可能で、射出成形によって各部品をわずか17秒で製造できるという。

「今は製造法を見つけた段階」だと、ジャネットは述べている。「これから工作機械設備への投資が必要だが、その後は部品を安くつくれるようになる」

新しい翼のデザインが小さなサブユニットで構成されているという事実は、翼の形状の自由度が大幅に増すことを意味する。「どんな形状でも望みどおりにつくれる」と、ジャネットは言う。「ほとんどの航空機が同じ形状なのは製造コストのためだ。それが最もエネルギー効率の高い形とは限らない」

つまり、この翼はもっと効率的な、例えば機体と翼の構造が一体化した航空機の開発につながる可能性があるということだ。「私たちのアプローチが、将来のさまざまな輸送手段の性能向上、ひいては資源の節約を実現することを願う」と、ジャネットは言う。「この低コストのアプローチは、新しい輸送手段の武器になるかもしれない」

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/05/post-12071.php




6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 06:28:42.29 ID:4J53HeBT

この程度で 「まるでアニメの変身ロボ」 とか、うぬぼれも甚だしいわ


5: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 06:23:16.57 ID:DnCEBeux

紙飛行機みたいな奴


3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 06:02:40.23 ID:k6JiZ0pn

いよいよレゴの実用化が始まったな、



4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 06:07:39.31 ID:ji8ObTAh

マクロスプラスやべえな、色々先んじて
演出に入れてやがった。


2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 05:49:46.86 ID:r93lc9Jg

真空チャンバーで電子ビーム溶接するチタンなんてアホなパーツ使わなきゃいいんだがな・・・


9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 06:55:42.15 ID:lJh1r0iO

F-14みたいな可変翼は良いと思ったが浸透しなかった
メリットを上回るデメリットがあったのか
他の技術進歩で不要になったのか


11: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 07:10:08.85 ID:cjw8iGcF

>>9
メンテナンスが大変で
金かかりすぎる



15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 07:49:04.67 ID:0JnjhRqT

>>9
F-14開発のころは、低速時と高速時の両方で安定飛行をするのに、
可変翼がほぼ唯一の解決策だったが、
フライバイワイヤーのコンピューター制御技術が進み、
固定翼でも同様の効果が得られるようになり、
可変翼のメンテに時間と金が掛かるデメリットは
解消されないので、可変翼は消えることになった


18: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 09:41:35.51 ID:TRnzJ950

ターミネーター2の液体金属ロボに向かう最初の一歩だな。
このロボ細胞が世代ごとに小さくなって行けば、
今世紀内くらいには液体金属ロボ実現するかも。


17: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 09:24:09.26 ID:hHatnwqU

分子レベルで構造が変化するのかと勘違いした


19: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 10:01:54.93 ID:Sc4zb40P

キャッチ結合組織化翼



13: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 07:17:38.24 ID:aYzCXzMx

ガオークにしてやり直してくれ


16: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 07:54:34.56 ID:T/wfEhrF

そのうちゴーストX-9も出てきそう


14: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/07(火) 07:27:15.94 ID:MU+eoxD0

やはりマクロススレか




元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1557175298/