5

【悲報】信じた技術者が失意のどん底に、客のIT部長の愚かな本音がこちら・・・

yi01.jpeg
1: 田杉山脈 ★ 2019/05/20(月) 22:14:54.61 ID:CAP_USER

あるITベンダーの技術者から以前、これ以上ないぐらいの“悲話”を聞いたことがある。この人には申し訳ないが、そのエピソードを話すと、いつでもどこでもばか受けする。私にとってはスペシャルなネタとなっている。

 簡単に言うとこんな話だ。その技術者は客から「今までにない革新的な提案をせよ」と言われ、真に受けて気合を入れて提案したところ、「前例はあるのか」と聞かれて失注した。びっくりするような論理矛盾だが、日本企業のトホホな問題が凝縮されている。エピソードを詳しく記してみよう。

 この技術者は営業担当者と共にユーザー企業に出向き、自社のソリューションを提案していた。いわゆる「提案営業」を担う人だ。ある時、大手製造業のIT部門を訪問すると、現場担当者だけでなくIT部長も同席してくれたそうだ。

 「これは脈あり」。喜んだ技術者と営業担当者は提案営業の定石通りに、この企業、そしてIT部門やシステム上の課題を探り始めた。何度か訪問して彼らの課題の整理もできたので、そろそろソリューション、つまりシステム開発を提案しようかという時に、すっかり顔なじみになったIT部長は次のように言ったという。

 「いいかい、凡庸な提案は要らないよ。最新技術を採用した、今までにない革新的な提案を期待しているよ」。これを聞いて、採算性やプロジェクトの炎上リスクを気にする営業担当者はともかく、技術者は喜び勇んだという。

 そりゃそうだ。提案営業に出るぐらいだから優秀な技術者だ。しかも、この案件を受注したら自分もプロジェクトに入る。優秀な技術者にとって最新技術を使った案件、技術的に難易度の高い案件ほどモチベーションが高まるものはない。

 この技術者はリスクを心配する担当営業や上司、経営幹部らを説得して、OSS(オープン・ソース・ソフトウエア)などの活用も盛り込んだ満身の提案書を作り上げ、客へのプレゼンに臨んだ。技術者がプレゼンを終えると、IT部長は「素晴らしい提案ですね」と口を開いた。技術者が「やった!」と思った瞬間、IT部長は次のように聞いてきた。「でも、国内に前例はあるのかね」。

 質問の意図がよく分からなかったが、技術者が「まだありません」と答えると「君、それじゃ採用は難しいよ」と一言。意味不明である。最新技術を使った挑戦的で革新的な提案を期待しておきながら、前例がないと駄目だという。もう論理がめちゃくちゃだ。
以下ソース
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/051600060/




115: 名刺は切らしておりまして 2019/05/21(火) 03:06:58.66 ID:2XG/z84x

コントだろ


15: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:34:45.48 ID:PiafMR6Q

こんなひとよくいるいる


4: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:18:34.57 ID:YOhVWuOq

技術系は空気読めないから客先対応しちゃダメってことか



3: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:18:18.81 ID:zZHZHjCL

課題の整理が出来てなかったんだろ、出来たつもりで


5: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:19:29.42 ID:dDxhmgVA

何でも言いなりになる馬鹿な頭脳労働者を雇いたがる論理矛盾も横行してるで。


8: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:23:22.11 ID:7Ga3Wpjt

どこにでもあるダブルバインド
でも下っ端にはどうしようもない
自分がそういう上司にならんようにと思うしか


11: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:27:18.89 ID:BhFv6vMr

採用する各技術要素の個別適応事例
リスク分析とバックアッププラン
顧客の無茶振りに対してこれらをさらっと提示できるのが良い技術営業



14: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:34:28.49 ID:os4Ju/zX

史上最悪クラスのバカ話は日本中小企業がアメリカ企業にコンペで負けた。
ところがアメリカ企業は大金せしめて動かないクズ設計を納入。
担当者は辞めたからサポートできないと言われ発注した日本企業はオロオロ

冷静さを失った担当が思いついたのが負けた側の日本企業にタダ同然で
サポート頼もうとした。当たり前ながら断られた

こんな話があちこちに転がるようじゃ負けて当然です


18: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:38:42.29 ID:u0MmQjeb

>>14
国内メーカー系は底辺企業しか相手してくれないだけなのに
「うちの仕事はみんなやりたがる」とか勘違い通り越して平然と言うからな
死ぬまで勘違いしてて欲しい



31: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 23:01:50.86 ID:os4Ju/zX

>>18
ちなみに役人もこの調子で図に乗り続けていたが
小さな補修で入札ゼロが連発して、逆に役人が会社に電話で
頼み込むなんて事例も最近は珍しくない

会社に言わせると黒字ほぼゼロでも今後のためと付き合い出続けて来たけど
長年の貢献なんて関係ないと冷酷に切り捨てる役人が多いため
手間のかかる役所仕事は切り捨てる事にした会社が多いらしい


74: 名刺は切らしておりまして 2019/05/21(火) 00:12:18.87 ID:mofXq/Sk

>>31
テレビで韓国のソフト屋が地方の役所の仕事を請け負ってたが
韓国人にさえも見限られたようだな。



16: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:35:53.72 ID:LPavUSyc

都内の不動産収益で暮らす旧産業では日常茶飯事だよな


19: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:40:29.47 ID:6Jm0k94D

熱弁して人にやらせておきながら
形勢が変わると、
言ったことと正反対の事を言って
部下を切り捨てる奴って
かなり多い。


22: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:50:09.96 ID:aEsbdN5f

>>19
本当に多いね。とくに、自分を良い人間だと思っているやつに多い。


30: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 23:01:11.18 ID:6Jm0k94D

>>22
あなたは自分が思ってるほど、
ちっともいい人間じゃないですよ。

クズで最低じゃないですか?と言いたくなるな。



41: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 23:11:56.47 ID:aEsbdN5f

>>30
ものすごく威勢のいいことを言って、他人にすごくやらせる割に、
体制が悪くなったら言うことを変えるのな。
そして、俺が悪いんじゃない、会社のせいだからしょうがない、って言うんだよ。

俺の経験によると、はっきりクズだと言ったほうがいい。


28: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 22:58:42.37 ID:af5n3dI7

こういうのは化かしあい。革新的だけど前例があるなんてありえないと思うかもしれんが
こうやってライバルをつぶして疲弊させるのが手なんだよ


29: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 23:00:46.27 ID:q0JyO9SH

海外にいる日本人技術者を見てると、決して他国技術者に負けてないのだけどね。
こういうのがあるから、日本じゃITは育たんわな。


32: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 23:02:15.97 ID:af5n3dI7

>>29
せっかくスーパープログラマーがいてもそいつらをいかすマネージャーがおらんのが不幸だね
ひたすらどうでもいいTVの番組用の独自コード書かされたり



50: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 23:25:39.50 ID:yKIJR4R0

全然革新的じゃなくても比較的に新しくて導入実績が多い提案にして
「革新的な技術であるために引き合いと導入が殺到してます。ぜひ御社も乗り遅れないように」
ってプレゼンなら勝ってたね


51: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 23:27:03.55 ID:bstQ5w8k

これが嫌だから 自社開発のサービスを持ってる会社に転職したが
結局は社長の資産を増やすための使い捨ての駒だと気づいたので

今は独立して自分でサービスを世界中に提供している
一番の顧客は米国ユーザー

売上は毎月ドル建て


54: 名刺は切らしておりまして 2019/05/20(月) 23:37:18.43 ID:os4Ju/zX

技術者続けるほど人間不信になって行く
こんな自分が嫌だ病みそう


72: 名刺は切らしておりまして 2019/05/21(火) 00:11:08.53 ID:ZPtOxWrF

IT屋は、IT技術で制御する機械とかプラントのことを
なにも知ろうとせず、デジタル情報をいじくりまわし
てれば物事が進むと勘違いしてるのが多いね。



78: 名刺は切らしておりまして 2019/05/21(火) 00:15:25.58 ID:0clarqLh

要は、一部の革新的企業では既に採用しているような革新的なシステムがほしかったんでしょ
何も矛盾してないよ


91: 名刺は切らしておりまして 2019/05/21(火) 00:49:31.52 ID:N4htyxTr

自分の立場を考えたときに
画期的であって自慢ができ
しかも前例があって失敗しない、失敗があったときいいわけできる
そういうものが欲しかったんだろうな
ないものねだり


110: 名刺は切らしておりまして 2019/05/21(火) 02:16:45.82 ID:YY7ptWR8

買い手市場が売り手市場に変わりつつある現在、
こういう発注元は遠からず駆逐されるよ。

最近は入札やると値段が上がる時代だ。
でかい会社の小童ほど気づいていない。


133: 名刺は切らしておりまして 2019/05/21(火) 05:08:33.72 ID:oTaRNiU+

多くの企業で前例があるかないかを重視するのは、担当者が責任逃れをするためだ
まったく新しい企画を採用して上手くいかなかった場合、担当者の評価が下がってしまう
ところが前例があって上手くいっていると分かる企画であれば安心して採用できる
たとえ失敗しても上手くいっている前例があったから採用したと言い訳が出来る

「自分の評価を下げないために、危険な冒険をしない」という考え方だ



141: 名刺は切らしておりまして 2019/05/21(火) 06:34:05.45 ID:pVwqImsW

クライアントがほざく革新的ナンタラという抽象表現を
徹底的に噛み砕いて具象表現に落とし込むのは営業の仕事
この営業は自分でも手を動かしたいみたいだからエンジニアに転身するのがよさげ


69: 名刺は切らしておりまして 2019/05/21(火) 00:05:49.03 ID:YtK6Msd+

日本人に出来る技術者がいないわけじゃないが日本にはもう出来る技術者はいない
そういうことだわな




元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1558358094/