1

「葉」「歯」「刃」ってどれも「は」って読むけどさ…

96d981700bbbffb0ad676e1fb87fa9b2_t.jpg
1: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:41:29 ID:H76

漢字が入って来る以前の日本語では区別されてなかったんか?
「薄く平たい尖った物」は全部「は」みたいな感じか?



4: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:42:30 ID:fql

同音異義語なんて日本語に限らずどんな言語にでもあるやろ


6: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:44:47 ID:H76

>>4
それはそやけどこの三つは「薄く平たい尖った物」って共通点があるやん


12: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:47:55 ID:fql

>>6
世の中の「薄く平たい尖った物」がその3つしかないんか?
沢山ある該当物のうちたまたま3つが一致したからって何の証明にもならんやろ
つか刃はともかく葉や歯は「=薄く平たい尖った物」とは言えんと思うが


17: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:56:42 ID:H76

>>12
まあたしかにそうやが可能性は否定でけへんやろ


5: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:43:47 ID:SF9

しかも全部訓読みで「は」やな
大和言葉っていうの?


7: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:44:49 ID:8Pf



8: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:45:14 ID:SF9

>>7
そら音読みや


9: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:46:00 ID:SF9

「端」も訓読みで「は」って読めるなそういえば


10: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:46:40 ID:zZQ

歯 刃 端 はもしかしたら元が一緒かも知れんね


14: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:52:36 ID:SF9

羽も薄いな
尖ったものというのは無しで、薄いものの共通点はありそうやぞ


18: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:57:13 ID:W1w

一つの概念から派生したから音が同じか似ているってだけで区別はされてたやろ
今だって会話の中で橋と箸区別できるように文脈と強勢で別のものと認識してるやん


19: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:57:34 ID:H76

語源に自信ニキおらんかか


23: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)01:59:11 ID:WQ9

「おさめる」なんかは「収める」「納める」「修める」「治める」で使い分けるけどそんなに意味変わらんよな


24: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:00:00 ID:W1w

>>23
逆に微妙に意味が違うからこそ明確に区別するために字は分けてるのかもな


26: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:07:14 ID:1x5

イッチの言うようにもとの意味が「薄く平たい尖った物」ってことかもしれんけど
会話にしろ文章にしろ区別はされてたやろ
普通に前後の会話や文でどの「は」かはわかるやろ


29: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:30:49 ID:H76

>>26
ワイの表現が悪かったな
そりゃ対象ははっきり区別されてたのは分かるで
ワイが疑問なのは葉・歯・刃は一つの同じ単語として扱われてたかや


33: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:32:48 ID:HJl

>>29
刃は剣とか包丁とか別名あるから
区別しようとする意図があると思う


34: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:34:28 ID:H76

>>33
それは漢字が入ってきた後やん


35: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:35:09 ID:JVh

>>34
それ以前の言語で歯をはというかは分からんやろ


37: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:36:46 ID:H76

>>35
歯を「は」って読むのは大和言葉やろ


38: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:37:19 ID:JVh

>>37
なら大和言葉で区別してるやろ


31: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:31:58 ID:JVh

そもそも漢字から平仮名、片仮名が日本で独自に派生したんやろ?


32: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:32:19 ID:3VY

破←薄いものを破る


40: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:38:09 ID:HJl

あと歯は薄くて平べったくはないやろ


44: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:44:00 ID:H76

>>40
まあこれに関してはあくまでおおまかな予想や


47: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:45:10 ID:JLK

すげえ面白い観点やな


51: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:58:09 ID:Q5c

こういうの研究してる大学生とかおらんのやろか?


52: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:58:23 ID:oKM

見当違いやったら申し訳ないが「薄く平たい尖った物」というより「角がある物」やないか?
葉・刃・羽・端 全部先端や角がある


53: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)02:59:10 ID:H76

>>52
なるほど
それの方がしっくりくるな


54: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)03:01:57 ID:HJl

角があるもの、にすると遠くなる気もするが
もとの定義より「角があるのに≪は≫ではない」ものが
ありすぎやろ


55: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)03:04:59 ID:HgY

ハはワと同義で分かれるの意味やからな


57: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)03:11:39 ID:H76

>>54
んー観点がズレてる
>>55
元々ハ行はパ行で、パピプペポ→ファフィフフェフォ→ハヒフヘホになったらしいしな
ファフィフフェフォあたりでハとワに別れたんかな?


56: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)03:08:53 ID:roA

微妙な発音で区別してたかも


58: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)03:12:26 ID:H76

>>56
奈良時代あたり母音8個やったらしいしあるかもしれんな


59: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)03:13:44 ID:1x5

共通点てのが少し無理あるんやないか
最初は明らかな共通点があってもそこからだんだんと離れて今に至るんやろ
例えば呼び方にしても形が似てるからってAからBになってBに似てるからCになってみたいな


61: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)04:00:24 ID:PGV

昔の偉い人「あかん書き間違えた・・・せや!正しいって言い張ったろ!」


62: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)04:02:16 ID:e55


和語の「は」。
その語源の解明は難しいが、物を切る「ハ(刃)」と同根とされ、また、動詞の「ハム(食む)」の語根になっていることにも疑問はなさそうだ。
歯の抜け落ちるさまが秋の落葉に似ているから「ハ(葉)」が語源だとする説や、歯の形が薄く平らであるから「ヒラ(平)」が転じて「ハ(歯)」になったとする説もある。
単音節語の語源解明は、手がかりがなく歯が立たない。
http://hermitage.main.jp/abc-067-tooth.html

んやで


64: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)04:13:12 ID:H76

>>62
はえ~サンガツ
少しスッキリしたわ
やっぱ単音節の言葉って語源の解明難しいんやな


63: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)04:03:54 ID:kU5

破ァッ!!!!!


65: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)04:24:46 ID:1L5

「かく」とかな


66: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)04:28:01 ID:H76

>>65
書く、描く、欠く、掻く、やね
昔は木とかを棒で引っ掻いたりして文字やら絵やらをかいてたからやろな


75: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)04:42:00 ID:797

和語のみでひらがなかいわって難しそう
概念の切り取り方が漢語やら今の日本語とはだいぶ違うんやな
似た要素あったら全然違うもんでも同じ音で表して
あとは文脈で推定するんやろか


91: 名無しさん@おーぷん 19/06/08(土)04:57:27 ID:797

あんがい原始人みたいになるだけで雅なんぞでなかったりするん違うんか
言葉ってのは概念でつまり頭の程度やろ
日本語から漢字部分はぎ取ったらもう魯鈍になりそう





元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559925689/