1

ごんぎつねって結局あれだれが悪いんだ?



1: 思考 2021/10/16(土) 10:27:42.588 ID:b6X2hA+f0.net
悪いとかゆう次元じゃあないのかもしれない

中間おすすめ記事: 思考ちゃんねる


2: 思考 2021/10/16(土) 10:27:59.306 ID:xxGD4LAq0.net
運が悪い

4: 思考 2021/10/16(土) 10:28:23.770 ID:b6X2hA+f0.net
>>2
運がラスボスだったか...

3: 思考 2021/10/16(土) 10:28:05.294 ID:LDXeTGHm0.net
ゴン攻めっすね~

5: 思考 2021/10/16(土) 10:28:23.861 ID:stoXDkOD0.net
新美南吉

6: 思考 2021/10/16(土) 10:28:24.826 ID:k7AiuxHVd.net
貧乏が悪い

7: 思考 2021/10/16(土) 10:28:58.788 ID:073kU5N50.net
うなぎ食えないくらいで死んじゃったばあちゃん

9: 思考 2021/10/16(土) 10:30:01.677 ID:b6X2hA+f0.net
>>7
ばあちゃん「わし、なんかしちゃいました?」

8: 思考 2021/10/16(土) 10:29:09.301 ID:b6X2hA+f0.net
火縄銃に人格があったかもしれない...

10: 思考 2021/10/16(土) 10:31:53.519 ID:JfQJoOmf0.net
岸田

中間おすすめ記事: 思考ちゃんねる


11: 思考 2021/10/16(土) 10:33:27.540 ID:b6X2hA+f0.net
>>10
誰だよ!!!www

12: 思考 2021/10/16(土) 10:33:44.459 ID:elFZzUJE0.net
銃社会が悪い

14: 思考 2021/10/16(土) 10:34:28.327 ID:b6X2hA+f0.net
>>12
ラスボスは裏の裏を追いて銃社会だったか...なるほど勉強になった気がする

13: 思考 2021/10/16(土) 10:34:09.043 ID:3vYoJWy20.net
大造じいさん

15: 思考 2021/10/16(土) 10:35:06.319 ID:b6X2hA+f0.net
>>13
がん「引っかかったな黒幕は私だ!!!」

16: 思考 2021/10/16(土) 10:37:56.503 ID:7pfaihyB0.net
                    ,===,====、
                   _.||___|_____||_
..               ∧_∧  /||___|^ ∧_∧
..               (・ω・`)//||   |口| |ω・` )
.             ./(^(^ .//||...||   |口| |c  )
.....            ∧_∧ / //  ||...||   |口| ||し      新スレです
.......        (・ω・`) //....  ||...||   |口| ||        楽しく使ってね
         /(^(^ //  ....  .||...||   |口| ||        仲良く使ってね
 ""    :::'' |/   |/ '' "  :::  ⌒  :: ⌒⌒⌒ :: ""  `
 :: ,, ::::: ,, ; ̄ ̄ ̄  "、 :::: " ,, , :::   " :: " ::::  " :::

               :: ,, ::::: ,,  :: ,, ::::: ,, 
    ∧ヘ                :: ,, ::::: ,,  :: ,, ::::: ,, 
  从ミ  ‘`プ    :: ,, ::::: ,, 
  (∧)/`"i´            :: ,, ::::: ,, 
  ゞ'、__゙)_b    :: ,, ::::: ,, 

28: 思考 2021/10/16(土) 10:43:35.197 ID:b6X2hA+f0.net
>>16
左下に闇を感じる...

17: 思考 2021/10/16(土) 10:38:55.466 ID:b6X2hA+f0.net


 これは、わたしが小さいときに、村の茂兵(もへい)というおじいさんからきいたお話です。
 むかしは、わたしたちの村のちかくの、中山というところに小さなお城(しろ)があって、中山さまというおとのさまがおられたそうです。
 その中山から、すこしはなれた山の中に、「ごんぎつね」というきつねがいました。ごんは、ひとりぼっちの小ぎつねで、しだのいっぱいしげった森の中に穴(あな)をほって住んでいました。そして、夜でも昼でも、あたりの村へ出ていって、いたずらばかりしました。畑へ入っていもをほりちらしたり、菜種(なたね)がらの、ほしてあるのへ火をつけたり、百姓家(ひゃくしょうや)のうら手につるしてあるとんがらしをむしり取っていったり、いろんなことをしました。
 ある秋のことでした。二、三日雨がふりつづいたそのあいだ、ごんは、ほっとして穴(あな)からはい出しました。空はからっと晴れていて、もずの声がキンキンひびいていました。
 ごんは、村の小川のつつみまで出てきました。あたりのすすきの穂(ほ)には、まだ雨のしずくが光っていました。川はいつもは水が少ないのですが、三日もの雨で、水がどっとましていました。ただのときは水につかることのない、川べりのすすきやはぎのかぶが、黄色くにごった水に横だおしになって、もまれています。ごんは川下の方へと、ぬかるみ道を歩いていきました。
 ふと見ると、川の中に人がいて、何かやっています。ごんは、見つからないように、そうっと草の深いところへ歩きよって、そこからじっとのぞいてみました。
「兵十だな。」と、ごんは思いました。兵十はぼろぼろの黒い着物をまくし上げて、腰(こし)のところまで水にひたりまがら、魚をとる、はりきりというあみをゆすぶっていました。はちまきをした顔の横っちょうに、まるいはぎの葉が一まい、大きなほくろのようにへばりついていました。
 しばらくすると、兵十は、はりきりあみのいちばん後ろの、ふくろのようになったところを、水の中から持ち上げました。その中には、しばの根や、草の葉や、くさった木ぎれなどが、ごちゃごちゃ入っていましたが、でもところどころ、白いものがきらきら光っています。それは、ふというなぎの腹や、大きなきすの腹でした。兵十は、びくの中へ、そのうなぎやきすを、ごみといっしょにぶちこみました。そしてまた、ふくろの口をしばって、水の中に入れました。
 兵十は、それから、びくを持って川から上がり、びくを土手においといて、何をさがしにか、川上の方へかけていきました。
 兵十がいなくなると、ごんは、ぴょいと草の中からとび出して、びくのそばへかけつけました。ちょいと、いたずらがしたくなったのです。ごんはびくの中の魚をつかみ出しては、はりきりあみのかかっているところより下手(しもて)の川の中を目がけて、ぽんぽん投げこみました。どの魚も、「とぼん」と音を立てながら、にごった水の中へもぐりこみました。
 いちばんしましいに、太いうなぎをつかみにかかりましたが、なにしろぬるぬるとすべりぬけるので、手ではつかめません。ごんはじれったくなって、頭をびくの中につっこんで、うなぎを口にくわえました。うなぎは、キュッといって、ごんの首へまき付きました。そのとたんに兵十が、向こうから、「うわあ、ぬすっとぎつねめ。」と、どなりたてました。ごんは、びっくりしてとび上がりました。うなぎをふりすててにげようとしましたが、うなぎは、ごんの首にまき付いたままはなれません。ごんは、そのまま横っとびにとび出していっしょうけんめいに、にげていきました。
 ほら穴の近くの、はんの木の下でふりかえってみましたが、兵十は追っかけては来ませんでした。
 ごんは、ほっとして、うなぎの頭をかみくだき、やっとはずして穴の外の、草の葉の上にのさえておきました。

18: 思考 2021/10/16(土) 10:39:20.824 ID:b6X2hA+f0.net


 十日ほどたって、ごんが、弥助(やすけ)というお百姓の家のうらをとおりかかりますと、そこの、いちじくの木のかげで、弥助の家内(かない)が、おはぐろを付けていました。かじ屋の新兵衛(しんべえ)の家のうらをとおると、新兵衛の家内が、かみをすいていました。ごんは、「ふふん。村に何かあるんだな。」と思いました。
「なんだろう、秋祭りかな。祭りなら、たいこやふえの音がしそうなものだ。それに第一、お宮にのぼりがたつはずだが。」
 こんなことを考えながらやってきますと、いつのまにか、表に赤い井戸がある、兵十の家の前へ来ました。その小さな、こわれかけた家の中には、おおぜいの人が集まっていました。よそいきの着物を着て、腰に手ぬぐいを下げたりした女たちが、表のかまどで火をたいています。大きななべの中では、何かぐずぐずにえています。
「ああ、そう式だ。」と、ごんは思いました。
「兵十の家のだれが死んだんだろう。」
 お昼が過ぎると、ごんは、村の墓地(ぼち)に行って、六地蔵(ろくじぞう)さんのかげにかくれていました。いいお天気で、遠く向こうには、お城の屋根がわらが光っています。墓地には、ひがん花が、赤いきれのようにさき続いていました。と、村の方から、カーン、カーンと鐘(かね)が鳴ってきました。そう式の出る合図です。
 やがて、白い着物を着たそう列の者たちがやってくるのがちらちら見え始めました。話し声も近くなりました。そう列は墓地へ入っていきました。人々が通った後には、ひがん花が、ふみ折られていました。
 ごんはのび上がって見ました。兵十が、白いかみしもを付けて、位はいをさげています。いつもは赤いさつまいもみたいな元気のいい顔が、今日はなんだかしおれていました。
「ははん。死んだのは兵十のおっかあだ。」
 ごんは、そう思いながら、頭をひっこめました。
 その晩(ばん)、ごんは、穴の中で考えました。
「兵十のおっかあは、床(とこ)についていて、うなぎが食べたいといったにちがいない。それで兵十がはりきりあみを持ち出したんだ。ところが、わしがいたずらをして、うなぎを取って来てしまった。だから兵十は、おっかあにうなぎを食べさせることができなかった。そのままおっかあは、死んじゃったにちがいない。ああ、うなぎが食べたい、うなぎが食べたいと思いながら、死んだんだろう。ちょっ、あんないたずらをしなければよかった。」

19: 思考 2021/10/16(土) 10:39:27.437 ID:2dndXleBd.net
どんぎつねかと思ったわ

1001: 思考ちゃんねる